SSブログ

感想:ドラマ「相棒 Season9」第7話:9時から10時まで*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

テレビドラマ「相棒 Season9」の感想です。
今回は第7話「9時から10時まで」です。

相棒 Season8 DVD-BOX1

相棒 Season8 DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

下記にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第6話:暴発

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年秋 放送開始作品

────

まずはあらすじです。テレビ朝日の公式サイトより転載します。
あなたは相棒をリアルタイムで目撃する!?午後9時、たまき(益戸育江)と映画に出かけた尊(及川光博)は、帰りに立ち寄ったラウンジのトイレで話し合う2人の男を見かける。席に戻ると、一人(黄川田将也)は美術商らしく高価な景徳鎮の皿を前に商談を行っており、もう一人はそれを離れて見つめている。知り合いなのに、なぜ?尊は骨董マニアを装い、客(阿藤快)の許しを得て商談に割り込んでいく。
そのころ右京(水谷豊)は殺人事件が発生した古美術店に。店主らしい被害者の口からは2000万円もする景徳鎮の皿の納品書が。右京が現場を調べると、次々と奇妙な事実が浮かび上がり…。
景徳鎮の皿をめぐる2つの出来事は一体何を意味するのか?午後9時から1時間、リアルタイムで進む捜査は驚愕の展開へ!


前回が、ゾクゾクするような
(後味の悪さがある、相棒特有の)回だったのに比べて
今回はネタ回と言えるのでしょうか……。
ゲストのお一人、阿藤快さんが
むちゃくちゃ良い味を出していたなぁ。
あの優柔不断な客は、見ていてとても楽しかったです。
もっともっと、嫌な感じで悩んでほしかったww

また、詐欺師であるもう一人のゲスト黄川田将也さんも、
古美術商という設定だけあって
インテリ風だった事から、
人物像では神戸尊と被りそうなものですが、
べらべらと知識をひけらかす彼には
神戸さんにはない独特の魅力を感じました。
面白かったです。


今回のお話は、
知り合いなのにそうでない振りをしている
不審な男二人の正体と、その関係性ですので、
これが明らかになる終盤は、
種明かしの段階で一気に失速したように思えましたが、
そこに、詐欺師の本来の仲間(銃殺された被害者)が関係する
泣きのネタを入れてきたのは上手いと思いました。
個人的な好みで言うと、
本来の詐欺師二人組の関係については、
もうちょっと深い描写を見たかったですが
ここら辺は、最後に回想シーンで明かすしかないので
(それより前に匂わすようなシーンを入れてしまうと
ドラマとしての面白味が薄れるので)
これが限界なんだろうなと思いました。


相棒 Season8 DVD-BOX1相棒 Season8 DVD-BOX2相棒 season 7 DVD-BOX 1(5枚組)相棒 season 7 DVD-BOX 2(6枚組)相棒 season 1 DVD-BOX相棒 season 6 DVD-BOX 2(6枚組)相棒-劇場版-絶対絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン [DVD]

────
ランキングに参加中です。記事がお気に召しましたらクリックしてやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村
上記でエラーが出る方はこちら【にほんブログ村】からお願いします。

続きの感想も書きました。
第8話:ボーダーライン

宜しければ合わせてどうぞ。


2010-12-09 23:23  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0