So-net無料ブログ作成

感想:NHK大河ドラマ「龍馬伝」第42回:いろは丸事件*ネタバレあり [NHK大河ドラマ感想]

2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の感想です。
今回は第42回「いろは丸事件」です。

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX—1(season1) [Blu-ray]

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX—1(season1) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Amuse Soft Entertainment =dvd=
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第41回「さらば高杉晋作」

各回の感想記事のURLはこちらのページでまとめています。
感想一覧:NHK大河ドラマ「龍馬伝」

────

最後のチャンバラは、どう考えても要らないでしょう。
景色は良かったけれど
あんなところでチャンバラをやらなくてもいいだろうと
本気で思いました。
殺陣もなんかしょっぱかったなぁ。
上手く誤魔化そうとしたんでしょうが、
多分、できてないと思います。

あの結果において、
海援隊はよくても紀州藩は納得がいかないとは
誰もが分かっている事でしょうから
別の形で復讐を表わせば良かったのに……
闇討ちをするにしても、場所を選べばいいのにww
まぁ、坂本龍馬を庇う為に
お元が進んで斬られるような展開にならなかっただけ、
ましかもしれませんが。


今回の交渉部分も
主要人物がギャーギャー声を張り上げているだけに
思えました。
いや、水掛け論なんて、争点は何であれ、
所詮はそんなものなので
(声の大きさと勢いで相手を言い負かす/圧倒する)
そういう点ではリアルなのでしょうが、
今と違って証拠も何もない状態で
どう決着をつけるのかと思いきや、
諸外国のルールを持ってきて外国人に判定させるって
ちょっと拍子抜けしてしまいました。
そりゃ、日本も世界の国の一つである以上、
世界の法律に則って裁かれるのは当然ですが、
この頃の日本(まだ完全に開国してない)の状態で
いきなり世界を持ち出しても、
誰も納得しないのでは??
史実がそうだから……という事で、
史実にドラマ的な肉付けを施しているのでしょうが、
最後につまらない殺陣を入れる余裕があるなら、
もっと補足するべきところがあるのでは?と
思えてなりませんでした。


というか、
歴史上の人物なので仕方がないのでしょうが、
最終回まであと僅かなのに交渉/会談って
地味な内容だなぁ。
放送を見ても見なくても次回に響かないですし、
そのうち、その次回も見ないで忘れるパターンで
視聴率も落ちてる気がするんですが、
実際のところはどうなんでしょうか。
つか、今、視聴率は何パーセントなんですかね。
これで序盤のように20パーセントを超えていたら
逆の意味で凄いと思います。


【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX—1(season1) [Blu-ray]龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)福山雅治 坂本龍馬写真集NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2



────
ランキングに参加中です。記事がお気に召しましたらクリックしてやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村
上記でエラーが出る方はこちら【にほんブログ村】からお願いします。

続きの感想も書きました。
第43回「船中八策」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-10-18 23:25  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0