SSブログ

感想@ドラマ「ホタルノヒカリ」最終夜:家で寝てても恋愛できる!? 最強干物女の恋の結末…*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「ホタルノヒカリ」の感想です。
今回は第10話(第十夜/最終夜)
「家で寝てても恋愛できる!? 最強干物女の恋の結末…」です。

ホタルノヒカリ DVD-BOX

ホタルノヒカリ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: DVD

私はこのドラマを既に最後まで見ています。
記述中に、先の展開を含めたネタバレがあるかもしれません。


前回の感想はこちら。
第9話:干物女と2人の男(明日はどっちだ!? 干物まさかの三角関係)


各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴(2)

────

最終回です。
もうとっくに終わっているドラマだとはいえ、
これで第一期の感想を書くのが最後だと思うと
とても淋しかったです。
大好きだー蛍!
大好きだーぶちょお!



さて今回は、
雨宮蛍(綾瀬はるかさん)と手嶋マコト(加藤和樹さん)が
新しく借りたマンションでの同棲を始めるという
ラブラブ展開だったのですが……
「うんこ」とか「鼻くそ」とか、
綾瀬はるかさんは頑張ってますねww

そしてこの回は、蛍の恋の終わりが描かれるというか、
彼女が正面きってぶちょおの元に戻らなければならないので、
手嶋くんとの別れが早々に描かれるのは
もう仕方がない事だと思います。
でも、以前もそうだったように、
手嶋くんって、彼の中で自己完結させるのが早いというか、
何か問題があった時に、それに立ち向かうのでなく、
諦めてしまうのが物凄く早い人ですよね。
それが悪い方に印象深かったなぁと思いました。
やっぱり、良い男には思えません。

今回の同棲の件は、蛍も本当に無理をしていたので、
彼女の心が潰れてしまう前に手嶋君が身を引いたのは、
正解ですが、
それでも、「早っ!」と思います。
しかも、色々ともどかしい……。

たとえば、
蛍の口からぶちょおの名前を聞いて不愉快になった手嶋くんが、
「嘘を吐いてくれた方が良かった」と不満を露にしたものの、
実際に蛍にそうされたらムッとしてしまい、
おとなげない言動を見せた件。
蛍は全然分かってなかったですが、
ここで大事なのは、彼女が嘘を吐くか否かや、
手嶋くんの要望に応えるか否かでなく、
“ぶちょおの話題をなるべく出さない”事なんですよね。
手嶋くんも、分かりやすいように
蛍にちゃんと要望を伝えればいいのに、
「嘘を吐かれた方が良かった……」なんてぼやくから、
あんな事になってしまったわけで。

また、あのマンションですが、
何年間も干物女として充実した生活を送ってきた蛍にとって、
好きな男と一緒に──しかもいきなり住むのに
ワンルームの部屋を用意されたのは、
ハードルがとても高かったと思います。
あそこは、都心で見晴しの良いマンションっぽかったので、
あれ以上の広さは無理だったんでしょうが、
蛍には、狭くても良いから個室が別に必要だったと思います。
あの状態で上手くやれというのは
蛍にとって本当にきつい事だったのでは?
私も、自分の時間はちゃんと持ちたい人間なので
(好きな人と始終べったりいなくても平気)
あれはちょっと大変だなぁと同情してしまいました。
結局、逃げ場を無くした蛍は、
マンションに帰った時に憂鬱になったり、
トイレでしか心を落ち着けられなかったりしていましたし。



頑張ってばかり/無理をしてばかりだった
手嶋くんとの同棲生活の一方で、
ぶちょおと一緒に仕事に励む(キャッチコピーを考える)蛍は
めちゃくちゃ楽しそうで、見ていて和みました。
「あぁ、やっぱりこの二人じゃなくちゃ!」と本気で思いました。
なので、二人が最後にくっついてくれて
──二人がいるべき場所に落ち着いてくれて、本当に良かったです。
放送の終盤で、
「それは、君が私を好きだからだろう」や
「私も君が好きだ」といったぶちょおの告白関係の台詞は
何度聞いてもとても萌えます。
ぶちょお最高!
ここ、蛍が具体的に
「私もぶちょおが好き」と言わないのが良いですよね。
でも蛍は全く否定しないで、
それどころか肯定する返事ばかりをしているのが、かわいいです。
最後の「年金」には笑わされました。

それと私は、二人の携帯電話のアドレスの登録が大好きです。
ぶちょお→蛍:アホ宮
蛍→ぶちょお:ぶちょお(部長)
って……ww
他の人には携帯電話の画面を見せられませんし、
絶対に、よそに忘れられないですね。



ところで、昨晩、
今週から放送が開始される
続編のドラマ“ホタルノヒカリ2”の番宣SP番組において、
山田ねーさんと二ツ木さんも恋愛関係にあるとあって
私は「えええ」と驚き、
ついツイッターに「あり得ないw」とまで書いてしまったのですが、
私がすっかり忘れていただけで、
その下地はこの最終回でちゃんと描かれていたんですね。
この後、二ツ木さんは八時間近く待ったのかなww



本当に本当に大好きなドラマでしたので、
今回、第一期の再放送を機に、こうして感想が書けて
とても幸せでした。
そして、もうじき始まる続編の2にも多大に期待します!
そちらも感想を書く予定ですので、
もし宜しければ、合わせて読んでやって下さい。
ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

蛍だいすき!
ぶちょお大好き!


ホタルノヒカリ DVD-BOX日本テレビ系水曜ドラマ ホタルノヒカリ オリジナル・サウンド・トラック鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2010-07-04 20:37  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0