SSブログ

感想@アニメ「RAINBOW-二舎六房の七人-」第12話:Promise*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「RAINBOW-二舎六房の七人-」の感想です。
今回は第12話(CRIME12)「Promise」です。

RAINBOW 二舎六房の七人 [DVD]

RAINBOW 二舎六房の七人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んだことはありません。


前回の感想はこちら。
第11話:Showdown

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品


────

私は、てっきりAパートの終わりの内容で
こちらのアニメも終わると思っていたので
(アンチャンの死後、シャバに出た皆が
あの約束の木の下に集まって、
これからアンチャンの分まで生きようと誓って終わり)
その後も続いている事が意外でした。

結局、マリオ(水上真理雄)は脱走したまま
小池節子さんの家に匿ってもらっていたんですね。
大人になってハンチングをかぶる様は、
まるで元気なアンチャン(桜木六郎太)のようで
格好良かったです。
随分と男前になったなぁと思いました。



その前に描かれたアンチャンの死は……
どうせこうなるだろうとの想像はついていても
ショックでした。
できる事なら見たくなかったです。
アンチャンがアメリカ兵に銃で撃たれてからの
皆への呼び掛けのモノローグが
ちょっと長かったのが気になりましたが
せつなかったなぁ。
その前、警官が発したナイフを手放すようにとの指示を
アンチャンが一切聞かなかったのは、
彼はもう、他人の言葉が耳に入る状態じゃなかったからですよね。
この時のアンチャンは、
マリオの試合を観戦する事しか考えてなかったんだろうなぁ。
今回、アンチャンの死を知った際の描写があったのは
節子さんだけでしたが、
マリオはどうだったんだろうと、想像せずにはいられませんでした。
きっと、あの約束の木の下でそうだったように
勝利の喜びが一気に吹っ飛んだ状態で
愕然としたでしょうね……。



その後の、佐々木医師の市長選立候補は
一体何の冗談かと思いました。
しかも、最有力候補だなんて……ふざけてる!
きっと、佐々木のあの性癖は今も治ってないでしょうから
誰かがバラせばいいのに。
シモ系のスキャンダルは
今でも、政治家の致命傷になりますからね。

最後の、マリオ対石原の対決も圧巻でした。
というか、石原がああいう気狂い状態になったのを思うと、
アンチャンの死で心が壊れてしまったのは
彼も同じなんだと思いました。
ここで、今のマリオがアンチャンの風貌に似ているのが
とても効いていました。
石原は哀れですが……同情はできません。





────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
(総集編の第13話は感想を書いていません)
第14話:Revenge

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-24 03:53  nice!(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1