SSブログ

感想@ドラマ「ホタルノヒカリ」第一夜:恋愛するより家で寝てたい…干物女が恋をした!?*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「ホタルノヒカリ」の感想です。
今回は初回の第1話(第一夜)
「恋愛するより家で寝てたい…干物女が恋をした!?」です。

ホタルノヒカリ DVD-BOX

ホタルノヒカリ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: DVD

私はこのドラマを既に最後まで見ています。
記述中に、先の展開を含めたネタバレがあるかもしれません。

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴(2)

────

祝! ドラマ二期放送決定!
実は私、こちらのドラマが大好きなんです。
なので、二期の製作決定が発表された時は、
歓びのあまり、思わず万歳をしましたし、
その放送に合わせて、こうして一期の再放送がなされる事は
本当に嬉しいです。

原作の漫画については、
ドラマ化される前に少しだけ読んでいました。
大変失礼ながら、その時は面白いと思えず、
それっきりにしてしまいましたので、
第一期のドラマをリアルタイムで見た時は
「あれ……? これ、面白いよ!」と驚いたものです。
その後も漫画は読んでいませんので、
この先の内容はドラマでしか知りません。



さて、前置きはこれぐらいにして、本編の感想です。

いやぁ、懐かしかった!
雨宮蛍(綾瀬はるかさん)は、相変わらずかわいいなぁ。
そして、“干物女”という単語は流行らなかったですね。

蛍ほど極端でないにしろ、
家の中をひどく散らかしていたり、ラフな格好でいたり、
洗濯物を取り込み忘れて再び洗う羽目になったり、
恋愛に興味がなくて家でだらだらするのが好きだったり、
でもそんな自分を皆に言えなくて、外では格好付けていたり
……という事は、
二十代女子なら普通にあると思います。
蛍の描き方にやり過ぎの感があるのは私も認めますが、
これで幻滅した男の人がいたら、
女に幻想を抱いてると思いますww
程度の差はあれ、女にもだらしない部分はありますので。
勿論、男性と同じように、この辺は人によって全く違うので、
上記に全く当てはまらない女子も普通にいますが。

個人的には、
ぶちょお(高野誠一/藤木直人さん)が駄目だと指摘した
蛍の冷蔵庫へのビールの入れ方は、許されると思います。
私もこれはやった事がありますww
でも、きれい好きなぶちょおには
こういう些末な事が許せないんだろうなぁ。
蛍とぶちょおは、まさに水と油ですが
全然混ざらないまま共存していく様が
こちらのドラマの魅力だと思っています。
大好き。



他の登場人物たちもステキでした。

私には、手嶋マコト(加藤和樹さん)の魅力が
いまひとつ分からないのですが
(ぶちょおの方が好きなので)
ああいうイケメンにいきなりキスをされて、
「彼は私のことが好きなの?」と舞い上がった蛍の気持ちは
よく分かります。
また、三枝優華(国仲涼子さん)はステキだったなぁ。
まさにステキ女子。
バーで、手嶋くんに好きな人がいると分かって呑んだくれている時に
後から駆けつけたホタルが、汚れた体操着姿だったのもあって、
凄くかわいいなぁと思ってしまいました。
花を活けたりハーブティーを淹れたり
仕事をきっちりとこなしたりする三枝さんも素敵ですけれど、
そういうステキ女子が落ちたところが何とも言えません。
そして、今から神宮司要(武田真治さん)が
なんだかんだで三枝さんを意識しまくっているのが
おかしいです。

おかしいと言えば、山田早智子(板谷由夏さん)。
外人にまで「ヤマダネーサン!」呼ばわりされてたww
普通に「サチコ!」でいいじゃないか……。


ホタルノヒカリ DVD-BOX日本テレビ系水曜ドラマ ホタルノヒカリ オリジナル・サウンド・トラック鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第2話:恋をするのも命がけ 干物女とラブメール

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-22 23:12  nice!(0) 

nice! 0