So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「絶対零度〜未解決事件特命捜査〜」第10話:献身*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「絶対零度〜未解決事件特命捜査〜」の感想です。
今回は第10話「献身」です。

絶対零度~未解決事件特命捜査~DVD-BOX

絶対零度~未解決事件特命捜査~DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第9話:解放

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年春 放送開始作品

────

次回予告や、放送前に流れていたCMで
今回のゲストがともさかりえさんである事は分かっていました。
この手の作品の場合、
ゲストが犯人だったり、事件の重要参考人であったりするのは
定番中の定番です。
で、ともさかさんが演じる助教の樋口さんが、
放送の中盤で犯行を自供したので、
「あ、これは誰かをかばっているパターンだな」とも
分かりました。
なので、この事件が
彼女が慕っていた教授の犯行だったというのは
在り来たりな内容でしたが……
ここに、教授の病気(アルツハイマー)を絡めてきたのは
良かったと思います。

ただ、最後は、
教授は樋口さんが誰だか分からなかった
→樋口さんが思わず泣くところで終えていれば
更に良かったと思います。
その後に「人を包み込むような〜」は、蛇足だと思いました。
ここ十年ぐらいは、後味が悪い終わり方が高く評価されるので、
こういう風に感動要素を入れられると、
逆にちょっと落ち着かなくなります。

あ、そうそう、上で“助教”という単語を使っていますが
助教=助教授ではないです。念のため。
作中で
教授-准教授-講師-助教
という説明がなされていた通りです、



係長から桜木泉(上戸彩さん)に
ちゃんと誕生日プレゼントが贈られていたと分かるオチも
良かったです。
寝袋は、彼女にとってあったら有難いものですし、
何より、“覚えている”という
今回の内容のテーマに合っていますから。
以前にも書きましたが、この作品って
事件への導入部分だけは、他作品より上手いです。


────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第11話(最終回):悲しみを打砕く日

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-16 22:31  nice!(0) 

nice! 0