SSブログ

感想@ドラマ「チーム・バチスタの栄光」第10話:最後の謎解き…医療トリックはコレだ!!(衝撃の結末!! 医療ミスか殺人か!?)*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

フジテレビのチャンネルα枠で再放送中の
連続ドラマ「チーム・バチスタの栄光」の感想です。
今回は第10話
「最後の謎解き…医療トリックはコレだ!!
(衝撃の結末!! 医療ミスか殺人か!?)」です。

チーム・バチスタの栄光 [DVD]

チーム・バチスタの栄光 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。

私は、原作の小説を読んではいませんが、
テレビで放送された映画は見ています。
映画「チーム・バチスタの栄光」の感想記事


前回の感想はこちら。
第9話:偽アリバイと致命的ミス

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想記事一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページから転載します。
 田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)はチーム・バチスタのメンバーを集めて「ケース27」の映像を見直す。直美(釈由美子)は初めてのバチスタで緊張しており、酒井(鈴木裕樹)も動脈ラインが取れずに慌てていた。さらに予定外の緊急オペだったため鳴海(宮川大輔)は外出しており、到着した時は心筋切除が終わったところだった。患者の心臓は再鼓動せず、オペは失敗に終わったが、手術に問題はなく、鳴海は桐生(伊原剛志)に「オペはパーフェクトだったよ」と言葉をかけた…というのが全員の共通した証言だった。
 だが白鳥は、「ケース27」の術死の原因について驚くべき推理を披露、改めて映像を再生し手が止まった場面を指摘する。そしてその時、田口の予想外の行動がメンバーを衝撃の展開へと導いてゆき…!?


今回の放送を見たら、先日のバチスタ手術
──鳴海涼(宮川大輔さん)が不在だった時が
いかに綱渡り的だったかがよく分かりました。
手術中で、一分一秒でも早い方が良いのに
桐生恭一(伊原剛志さん)の手が途中で止まっちゃったのは
当然だったんですね。

また、垣谷雄次(鶴見辰吾さん)が器具を落としたり、
「最近、腰が……」と言ったりしていたのも、わざとらしかったので、
これは桐生先生がぼーっとしているのを補佐する為だとは
分かっていましたが、
まさか、彼が桐生先生の目の不自由さまでをも知った上での
行為だったとは。
上手くいって何よりでした。
本当に良かった。

桐生先生の目の件については、
作中でも例として挙げられていたように、
コーヒーの取りまちがいや車の運転の控えから
察しがついていましたが
単なる目の病気でなく、脳にできた腫瘍のせいだとは…… orz
これ、映画版と同じでしたっけ??
私、映画版の桐生先生のお悩みは手の震えだと思っていたので
以前の感想でも、そう記述していましたが
間違っていたらすみません。



でも、今回の放送の最後の内容を思うと、
真犯人はやはり別にいるんですね。
というか、白鳥が驚いたのは、
サザンクロス病院勤務時代の桐生先生が、
垣谷先生のお子さんの手術を担当していて失敗していたと
分かったからでは??
グッチ−がたまたま見た写真の子供は
垣谷先生のお子さんですよね?
で、病室にあったマークは、サザンクロス病院のものですし……。

いよいよ次回が最終回!
ドラマ版なりの決着の付け方が楽しみです。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第11話(最終回):わずか3秒の完全犯罪!! 今、最も危険なオペが始まる(真犯人は誰だ!? 最も危険なオペが今、始まる)

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-14 23:54  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0