So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房」第11週:貧乏神をやっつけろ*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

ドラマ「NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房」の感想です。
今回は第11週(第60〜66回)の「貧乏神をやっつけろ」です。

ゲゲゲの女房 完全版 DVD - BOX 2

ゲゲゲの女房 完全版 DVD - BOX 2

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の小説を読んでいません。


前週の感想はこちら。
第10週:こんにちは赤ちゃん

各週の感想記事のURLは、こちらの一覧ページでまとめています。
ドラマ感想記事 一覧:NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」


────

貧乏、貧乏、ド貧乏……。

結婚してからずっと
村井家は貧乏を強いられてきましたが、
今週は見ていてせつなかったなぁ。
赤ちゃんが生まれたのに、明るい話がほとんど無かったです。
特に、家の電気がとうとう止められてからのお話。
ロウソクの火で明かりを求めるのは風情がありますが、
貧乏が理由でとなると、やはり悲しいですね。
というか、これ、視聴者には分かっている事ですから
(こうなる展開を承知して見ている視聴者がほとんど)
苦情はまず出ないでしょうが、
早く景気の良いお話になってくれないかなと思いました。

今週の最後(第66回)で、
村井茂(水木しげる/向井理さん)によって
新しい漫画である“悪魔くん”が生み出されましたが
いくら戌井慎二(梶原善さん)に絶賛されても、
基本的に、おどろおどろしい漫画は
子供達に読まれないですよね。
戌井が妄想したほど、
“悪魔くん”が大ヒットを飛ばせるなら、
“墓場鬼太郎”はとっくに
大ベストセラーになっているはずですが……。

他の昭和期のドラマですと、
テレビの台頭や、“鉄腕アトム”の人気ぶりは
見ていて微笑ましい出来事なのに、
こちらのドラマでは、それらが人気を得るにつれて、
貸本漫画が隅に追いやられている気がして
淋しく思えました。
なんだか、着実に、
貸本漫画は紙芝居の二の舞いを辿っていますよね。
バリバリの昭和世代の人間である私ですら、
このドラマを見るまで
貸本漫画というものがあった事すら知らなかったので
これが急速に消えていった事は分かるのですが、
残念でなりません。
ただ、最近になって、
レンタル屋さんがCDやDVDだけでなく、
今は漫画も、レンタルコミックと称して
積極的に貸し出されているのを踏まえると、
それらが完全に消えていた時代も
ある一定の需要はしっかりとあったんだろうなと思いました。
特に、私が子供だった頃は、ブックオフすらなかったので
漫画を気軽に読めなかったですしね。
(その代わり、
今や当たり前となっている漫画のビニール掛けが
行なわれてない時代も
とりあえず経験していますので、
新刊の立ち読みをして済ませる事もやっていたわけですが)

そのうち、貸本業界は完全に潰れるのかなぁ。
で、水木茂も、普通の漫画
(本屋さんで売られる漫画)を書くようになったら、
地味に売れる事が判明
→次第に人気に……という流れになるのでしょうか??



仕事をするだけ……という村井茂は
まだ気楽だったような気がします。
家計を預る村井布美枝(松下奈緒さん)は、今週も、
本当に本当に大変そうでした。
以前は、公共料金の集金人がやって来ても、
居留守をしようとした夫に対して戸惑い、
「失礼です」とも言っていましたが
今週はもう、本当に払えなくなっているのか
自ら居留守を決め込もうとしていましたね。
お金があれば払っている
──踏み倒す気はさらさらないと分かる分だけ、せつないです。

そうそう、赤ちゃんが生まれた事で、
夫・村井茂に対する布美枝の呼び方が
「お父ちゃん」に変わりました。
同様に、村井茂も布美枝を
「お母ちゃん」と呼ぶようになりました。
ここ数十年は、夫婦の関係を、子供を介したものでなく
あくまで男女の繋がりとすべきいう風潮が
目立つようになりましたので、
配偶者を「お父さん/パパ」「お母さん/ママ」と呼ぶのは
あまり宜しくないと言われる場合もありますが、
こういうホームドラマを見ると、
やっぱり、相手をこう呼び、自分もこう呼ばれるのは良いなぁと
思ってしまいます。
(でも私は、「(子供の名前)ママ」は好きではないです/笑)

それと、私は、以前から布美枝の髪型が好きで
(頭の頂点からサイドの髪を後ろで一つにまとめて、
それよりも前にある髪で、額の一部分を緩く隠しながら
先に一つにまとめておいたのと一緒にする)
髪を伸ばしたら真似してみようかなと思っていたら、
彼女が母親になったのを受けてなのか、
その髪型が変わっていました。
以前のより落ち着いていて、ごく普通の髪型なので
ちょっと残念です。
これ、私のような一般人が真似をしてもダサダサなだけですが、
さすが女優さん……松下奈緒さんは、
相変わらずお綺麗でした。



以前の初登場時に触れるのを忘れていたので
今さらながら、ここに書いておきますが、
新人漫画家・河合はるこ役の南明奈さんが好きです。
私は、南さんに対しては、
今時の人らしい舌足らずな喋り方が苦手で
他のドラマでも好感を持つ事は特に無かったのですが、
漫画の為に田舎から上京してきたはるこには
それが合っているというか、
その舌足らずなところがかわいい上に、
彼女より年上の女である布美枝との対比がよく出ていて
良いなぁと思っています。
昔風の洋服も似合っていて、
庶民的なお人形さんみたいだなと思いながら見ています。



ところで、[NHKスタッフさんの公式ブログ]にて、
「ゲゲゲ」のこれまでの総集編が放送される事が発表されていました。
放送日:6月20日
タイトル:ゲゲゲの女房・安来編ふたたび!〜布美枝の結婚までの物語〜
だそうです。
安来編というと、
幼少時の布美枝、お見合いが上手くいかない日々、
村井茂との出会い〜結婚式……まででしょうか。
これまでの放送を全て録画している私も
こちらを見るのが楽しみです。


ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX1NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラックゲゲゲの女房—連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房〈上〉ゲゲゲの女房



────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第12週:連合艦隊再建

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-14 23:51  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0