So-net無料ブログ作成

感想:NHK大河ドラマ「龍馬伝」第23回 池田屋へ走れ*ネタバレあり [NHK大河ドラマ感想]

2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の感想です。
今回は第23回「池田屋へ走れ」です。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX—2(season2)

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX—2(season2)

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第22回「龍という女」

各回の感想記事のURLはこちらのページでまとめています。
感想一覧:NHK大河ドラマ「龍馬伝」


────

以前の感想記事でも書きましたように、
私は龍馬について詳しくありません。
しかし、歴史好きなら誰もが一度はハマる
新選組(新撰組)に対しては、私も大好きで、
当然、今回の池田屋襲撃事件については
最低限程度の知識はあります。

なので、新選組における
池田屋事件の時期などは分かるのですが、
龍馬や、作中でお馴染みの攘夷志士たちにとって
これがいつあったのかは分かりませんでしたので
(この事件が1864年7月8日に起こった事は、
誰にとっても変わらぬ事実ですが、
たとえば、老人には晩年の出来事として描かれますし、
逆に幼子には、記憶にほとんど無い出来事として描かれます)
なるほどなぁと思いながら見ました。
日本の歴史で言うと、
海軍の発足前後にこの歴史的一大事があったんですね。



で、今回の放送でもそうだったように、
龍馬は、この事件には直接関わっていません。
しかし、幕末の歴史を語る上で
新撰組による池田屋襲撃事件は絶対に外せないので、
こういう形で描くしかなかったのだろうなぁと思いました。

こちらの作品では、ここぞという何か重要なシーンになると
スローモーション&音楽(+効果音)のみという演出になるので、
個人的には、「またか」と思い、ちょっと失笑気味に見ました。
制作側は、要所でしかこういう演出をしていないつもりかもしれませんが、
これ、この前、岡田以蔵(佐藤健さん)で使ったばかりですよね。
こういう演出方法は、確かに、無常感がお手軽に出ますが
滅多にやらない方が効果的なので、
そろそろ封印した方が良いと思います。

で、坂本龍馬(福山雅治さん)に戻りますが……。
ぶっちゃけ、一人の仲間を探しに行く為に、
龍馬が神戸から京都まで行く方が、
他の仲間にとっては迷惑なんじゃないかと
ツッコミを入れずにはいられませんでした。
仲間がすぐ近くの場所に逃げたのならともかく、
また、今のように新幹線などがあるならまだしも、
この距離を走って移動するには、限界があるのでは??
もしまだ大坂にいた時の話だとしても、
山を越えていくわけですから
そう簡単ではないと思います。

龍馬の熱弁は良かったですが、
逆に、一度あの仲間になったら抜けられないようで、
(地獄の底まで龍馬が追いかけてくるようなギャグを想像して)
私には怖いなぁと、つい笑ってしまいました。
彼は、信念や意志の問題で敢えて海軍を離れたのだから
放っておけばいいのにと、思いました。





────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第24回「愛の蛍」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-07 22:41  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0