SSブログ

感想@アニメ「RAINBOW-二舎六房の七人-」第8話:Freedom*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「RAINBOW-二舎六房の七人-」の感想です。
今回は第8話(CRIME8)「Freedom」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んだことはありません。


前回の感想はこちら。
第7話:Determination

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品


────

いやぁ……いやぁ……いやぁ……!!

ご存知のように、ここ数回は、
出所を控えたアンチャン(桜木六郎太)の話です。
彼をなんとしても出所させないようにする
(殺そうとしている)看守の石原と医師の佐々木
──そして、彼を守ろうとする
二舎六房の六人達の戦いでもあるわけですが……
前回の最後で、二舎六房の六人全員の意思が固まり、
「アンチャンを逃がそう」と決意しましたので
今回の放送は、
きっと見ていて精神的にきつい内容になるだろうとは
想像がつきましたが、
違う方向できつかったので、驚きました。



まずは怒濤のAパート。
アンチャンを逃がす為に、マリオ(水上真理雄)が
時間稼ぎの役割を自ら買って出ました。
男色嗜好がある佐々木医師に
美少年のマリオが特に気に入られているのは
周知の事実ですが、
まさかマリオが、それを逆手に取るとは。

マリオが、診察中の佐々木医師に向かってウインクをした時は
「おいおい、アンチャンを助ける為にそこまでするの(´ωと)」と
私は半泣きで見ていましたが、
その後、ご飯を食べてお腹いっぱいになった佐々木医師が
全裸になり、ベッドの上で四つん這いになって
「早く……」とマリオを請うシーンでは
午前一時過ぎという夜中だったのに、大笑いしてしまいました。
いやぁ、びっくりした!!!!!
私は、てっきり、佐々木医師は掘る方専門
(挿入する方/いわゆる“タチ”)かと思いましたが、
掘られる方(挿入される方/いわゆる“ネコ”)でも
いけるんですね。

というか、アンチャンの友達が食われた時には
佐々木医師は挿入する側だった描写だとの覚えがありますので
彼は両刀なのかな。
いつもは襲う側で、挿入してばかりだったから、
マリオの同意が得られた(と勘違いをした)今回は
滅多にできない事をしようと思ったんでしょうか orz



今回は、アンチャンを逃がす為に
六人が一丸となって頑張りますし、
一部の者は、自己犠牲の精神で
アンチャンを助けようとしますので
かなり見応えのある回だったのですが、
なんか、もう……上記のインパクトがあまりにも強くて、
彼らの友情に感動するどころじゃありませんでした。
チャレンジャーだな、日テレ!!!



でも、Bパートの終盤、
佐々木がナイフで刺しに来た時は
見ていて本気でヒヤッとしました。
アンチャン、死にフラグ立ちまくりですよ……!!
覚悟して見ていても、アンチャンが絡むシーンは
本当に怖いです(でも見ちゃう)。
────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村






続きの感想も書きました。
第9話:Lament

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-27 03:37  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0