SSブログ

感想@アニメ「さらい屋 五葉」第六話:幸せと思えよ*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「さらい屋 五葉」の感想です。
今回は第六話(第6話)「幸せと思えよ」です。

さらい屋五葉 第三巻 [DVD]

さらい屋五葉 第三巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んでいません。


前回の感想はこちら。
第五話:上手くいくさ

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品

────

今回は、前回からの続きのお話でした。
そして珍しく
過去回想が一切入りませんでした。
淡々とした流れであるのは毎回変わらないけれど、
今回は緊張感がある場面も入ったので、
それによってメリハリができていて
最後まで飽きずに楽しく見られました。



そして、その“緊張感がある場面”
──影が薄い主人公・マサ
(秋津政之助)の良いところが見られて、
嬉しかったです。
さすが侍──用心棒で食っていただけあって、
誰かに刃物を向けられると、
それまでのうだつの上がらなさが一変しますね!

ああいう状況の時に、迷わず間に割って入れるのは
(襲おうとしている人間と襲われかけている人間)
それなりに肝がすわってないと駄目なので、
やはり、マサはそれなりに場数を踏んだ人間なんだと
改めて知らされました。
御隠居の危機を知ったイチ(弥一)が慌てなかったのは、
マサがいるから大丈夫だと思ったからでしょう。
で、それでも梅が慌ててしまったのは、
マサの存在の有無にかかわらず、
彼にとって御隠居が物凄く大事な存在だからのはずです。
この辺は、ここ数回で
それぞれの登場人物の人となりや過去の描写が
丁寧に重ねられてきた事が
上手く生かされているなぁと思いました。



江戸患いには故郷の食べ物が効く?とされていましたが、
郷里に戻りたくても戻れない事情があるマサの場合は、
こうして、刀を振るう場面を与えてやる方が
立ち直りが早い気がしました。
でも、用心棒としての働き口が無い以上、
マサは、五葉として働くしか道が無いですよね……。
下手に善人な分、
上手い汁だけ吸おうという割り切った生き方ができず、
やっかいな事になっている気がします。



そして、自分を脅してきた元手下を
結局、刺してしまった錠前外しの男……。
遅かれ早かれ、誰かが流血沙汰になるであろう事は
前回から予想できていましたが
やっぱり残念です。
人を殺してしまった事で、
この男は一生、この罪を背負っていく事になったので。

そして、金を無心された時は突っぱねたのに、
逃げる為の新たな支度金を必要とした彼に、
御隠居が進んでお金を渡したエピソードが
むちゃくちゃ良かったです。
これで、この錠前外しの男は、
梅に対して持っていた変な劣等感に悩まされる事はなく
──そして、御隠居への逆恨みもせずに済むようになり、
ちょっとは楽に生きられるのかなと思いました。
御隠居、優しかったなぁ。






────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第七話:野暮でござった

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-21 23:50  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。