SSブログ

感想@ドラマ「プライド」第7話:波乱*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「プライド」の感想です。
今回は第7話「波乱」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。

プライド DVD-BOX

プライド DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD

私はこちらの作品を
本放送でも過去の再放送でも見ていましたが、
内容のほとんどを忘れています。


前回の感想はこちら。
第6話:母へ

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページから転載します。
 里中ハル(木村拓哉)と村瀬亜樹(竹内結子)の関係は、親密さを深めつつあった。
 そんな時、亜樹は相澤百合(中越典子)、石川知佳(MEGUMI)とデパートへ買い物に出かける。3人の目的は、ある人へのプレゼントを買うこと。しかし、百合と知佳はウェディングコーナーに釘付け。試着してインスタント写真を撮ってもらえるというサービスに、亜樹も少しそそられる。結局、3人ともに写真を撮影してもらい、百合が受け取ってくると人に押されて倒れてしまった。百合が持っていたインスタント写真を拾い上げたのは『グリーンモンスターズ』の山本玲志(山下徹大)で…。
 『フェイスオフ』では、誕生会が開かれる。ハルのために催されたサプライズパーティーだ。亜樹たちの買い物は、ハルへのプレゼント。堀田大和(坂口憲二)や池上友則(市川染五郎)、島村真琴(佐藤隆太)らも集まり、次々とハルにプレゼントを渡す。そこに遅れて百合がやって来た。と、彼女に続いて玲志まで…。しかし、百合はハルへのプレゼントを忘れてしまったと言う。ハルは気にしなくて良いと言うのだが、大和は百合をみんなの輪から連れ出した。大和は、プレゼントのことではなく玲志を連れて来たことを責める。すると百合は、玲志は自分を助けてくれただけなのになぜ怒るのかと反論。2人は口論になってしまい、百合は送って欲しいと玲志の車に乗ってしまう。
 その後、酔いつぶれた大和をハルと亜樹がアパートまで送ってきた。亜樹は、大和の面倒は自分が診ると、ハルをパーティー会場に戻す。ようやく自分を取り戻した大和は、自己嫌悪。そんな大和を亜樹が慰める。すると、まだ酔いが醒め切らない大和は、亜樹とハルの関係を改めて祝福しだした。さらに、大和は亜樹に彼氏がいることを心配していたと言う。亜樹が、その事ならもういいと部屋を出ようとする。その時、大和は亜樹が待っていた彼氏が日本に帰って来るらしい…と、もらしてしまった。
 兵頭雄一郎(佐藤浩市)は、安西容子(石田ゆり子)と墓参り。そこで、兵頭は日本に帰ってきた理由を話し出す。海外で、ハルのビデオを見た兵頭は、その姿にある可能性を見出したと言う。自分が見られなかったものが、ハルには見えるかもしれない。もし、ハルに見ることが出来るなら、どんなものなのかを知りたいと容子に告げる。
 兵頭と別れた容子は、ハルと話す。夫や兵頭のハルに賭ける思いに嫉妬してしまうともらす容子に、ハルは異を唱える。ハルが恋愛で悩んでいると感じた容子。するとハルは、関係がうまくいっていると不安な気持ちになると告白。そんなハルに、容子は深く考えすぎないようにとアドバイスした。
 その頃、昼休みの亜樹は料理本に見入っていた。知佳が、そんな姿をうらやましがっていると、亜樹に電話が入る。電話に出た亜樹の動きが止まる。相手は、亜樹が待ち続けた男、夏川啓介(谷原章介)だった。


他の回もそうですが、
こちらのドラマは、あらすじがやたらと長いです。
あらすじで全てを語っています。
しかし、そのどれもが重要というわけではありません。

今回のお話は、前回のラストで
里中ハル(木村拓哉さん)と村瀬亜樹(竹内結子)が結ばれたのを受けて
・二人の気持ちがより親密になり、“ゲーム”という前提が逆に足枷になる
・亜樹の恋人・夏川啓介(谷原章介)が帰国した
・ハルが“ゲーム”の契約を解消しようとした時、
亜樹が泣きながら夏川の元に行く
……というだけのお話でした。

今回のお話は、最後のシーンを盛り上げる為に
あれこれと他の事が描かれていますので、
お話の内容を要約してしまうと、簡単に済ませられます。
見始まってしまうと、飽きずに最後まで視聴できますが、
こうして文章にまとめてみると
内容の薄さを感じずにはいられませんでした。



さて、上記の通り、
今回の放送の最後では、亜樹がハルに構わず、
夏川の元に戻りますが……
その前の晩に、二人がすれ違っていたのが
いかにもドラマだなぁと思いました。
昔の作品ならともかく、
こちらの作品が最初に流れた頃は
現在並みに携帯電話が普及していますから、
どちらかが電話で「今から行くよ/行ってもいい?」と
連絡をすれば、普通に会えた話です。
そして、ここで二人が会っていれば、
亜樹はハルの元に留まったと思います。
なので、ドラマを作る側の視点で見れば、
ここは絶対に二人をすれ違わせなければいけないわけで、
さぞ作り辛かっただろうなぁと思います。
今回みたいに、携帯電話の存在をバサッと無視しないと、
二人のすれ違いはなかなか描けませんよね。
(二人にすれ違いをさせること自体、今はとても難しい)



そして、亜樹が夏川の元に行ったエピソード。
ハルと出会うまで、亜樹は夏川をずっと待っていた分、
思い入れも相当強かったと思うので、
彼に会いに行ってしまったのは仕方ないと思います。
そして、夏川が実際に登場してからですが、
顔を見たら駄目ですよね。
いくら亜樹がハルを本気で好きでも、
別次元で夏川のことも再び好きになると思います。
夏川と再会できたからといって、
ハルへの感情が全て消えるわけではないけれど、
二年程度の音信不通なら、
亜樹の心の一部が夏川に戻ったのは
ごくごく自然の事だと思います。

そして、すぐに現状を察して
苦笑いをした後で去っていくハルは、辛かっただろうなぁ。
ここは、見ている私もちょっと辛かったです。
また、こういう男らしい部分が
いかにもハルだなぁと思いました。
格好良かったです。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第8話:悲劇

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-18 22:21  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。