SSブログ

感想@アニメ「花咲ける青少年」第7話:誰が為の想い*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「花咲ける青少年」の感想です。
今回は第7話「誰が為の想い」です。

花咲ける青少年VOL.3 [DVD]

花咲ける青少年VOL.3 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ケンメディア
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレがあります。
私は原作の漫画を読んでいません。


前回の感想はこちら。
第6話:純心

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品


────

あ、ルマティを襲うように命令したのは
彼の実の兄なんですね。
お兄さんも、うねうね髪だったのか……!!
「弟を殺せ」という台詞は、
私も前回の放送でちゃんと聞き取れていましたが、
暗殺を命じたのはクインザ!という認識が強かったせいか、
彼があの兄弟を挙げて
「弟(の方)を殺せ」と言っているのかと
勝手に誤解していました。orz
あれは素直に、
「(自分の)弟を殺せ」という意味だったんですね。



今回のお話は
王侯貴族ものの作品ですと、割と定番の内容だったと思います。
自分に命令を下した主人をかばって
実行犯が口をつぐむのも、
襲われた側が、その義を察して、
実行犯をとりあえず放免する(命を助ける)のも……。
なので、全てがお約束通りに事が運んでいたという点では
意外性を感じられず
(この先どうなるのかというドキドキ感を味わえず)
見ていて非常に物足りなかったです。
でも今回、ルマティの命が実兄に狙われた事が判明して、
クインザが一気にやる気になったようなので、
これから、彼の暴走が始まるのかなと思いました。



ところで、今回の放送では
ルマティが子供っぽい事を言って
花鹿に頬を引っ叩かれるシーンがありました。
ユージィン編の時も思ったのですが……
他人からあまり責められなかった事を
花鹿に本気で諭された結果、
男たちが彼女に惹かれていく展開って、
子供が母親を求めるようだなぁと思ってしまいます。
悪い見方をすると、自分を叱ってくれる
(本気で自分の為に何かをしてくれる)誰かを
欲しいだけなのでは……?とも
思えてなりません。






────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第8話:プロミス

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-13 23:18  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。