SSブログ

感想@アニメ「閃光のナイトレイド」第6話:乱階の夜*ネタバレあり [アニメ感想]

テレビ東京の“アニメノチカラ”プロジェクト第2弾
アニメ「閃光のナイトレイド」の感想です。
今回は第6話「乱階の夜」です。
以下の記述にはネタバレがあります。


前回の感想はこちら。
第5話:夏の陰画

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめていきます。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品

────

今回は、物語全体のキーパーソンである高千穂勲が
とうとう登場しました。
彼は苑樹雪菜のお兄さんで、
突然、失踪した、関東軍の元兵士です。

なので今回は、物語全体で見れば、
前回・前々回の番外編を経て
(↑物語の本筋には関係せず、
個々のキャラクターに焦点を当てて深く描く回)
とうとう転換期に突入した!と言える
記念すべき回だったのですが、
今回だけを取り上げてみると
なんともまぁ、
あっさりと終わってしまった回だと思いました。



まず、主役二人組の片割れ・三好葵が誘拐されたのに
この緊迫感の無さはどういう事?と思いました。
まぁ、今回の誘拐は通常のそれと違い、
葵の生命が脅かされるものではないので、
当然と言えばそうなのですが、
せっかく葵の拉致・誘拐→伊波葛に探させるという流れにするなら、
もっと面白くなりそうな他のエピソードを
くっつけてほしかったです。

Aパート最後に高千穂の口元だけが変わった
(口角が上がっていたのに、最後の最後で下がる)演出は
私も好きなのですが、
その後が普通だった(葵が攫われただけで危機的状況にない)ので
あまり意味がないと思いました。
このシーンだけで
高千穂が何らかの能力を使って葵を誘拐したのだとは分かりますが、
それだけで終わっていたのは惜しいです。



それと、今後の展開にもよるのでしょうが、
高千穂の件を雪菜に内緒にしていたのに
あっさり当人にバレちゃったのも、勿体ない気がしました。
これも、雪菜の能力を踏まえれば
バレるのは時間の問題でしょうから
すぐに知られたのには矛盾が無くて良かったのかもしれません。
──が、雪菜だけがかやの外という展開の方が
良かった気がします。

それと、Bパート後半でのアクションシーンにおいて
瞬間移動できる能力者に対して、
葛が何度も銃を発砲しますが、
他に武器が無かったからとはいえ
あれは危険極まりないww
でも、葛が、
敵の能力者の制約(特性)を見切ったのはさすがでした。
格好良かったです。



葵の夢に出てきた日傘の美女が気になりました。
今回、イミシンな感じで
放送の最後にも登場しましたね。
おそらく、彼女も葵と再会して
一悶着あるのでしょうが……
続きを見るのが楽しみです。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
特別編 預言

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-12 02:24  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。