SSブログ

感想@ドラマ「ヴォイス〜命なき者の声〜」第8話:決して消せない炎*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「ヴォイス〜命なき者の声〜」の感想です。
今回は第8話「決して消せない炎」です。
フジテレビのチャンネルα枠の再放送で視聴しました。
ほぼ初見です。

ヴォイス~命なき者の声~ ディレクターズカット版DVD-BOX

ヴォイス~命なき者の声~ ディレクターズカット版DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


前回の感想はこちら。
第7話:命がけのタイムセール

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページより転載します。
 東凛大学の解剖室に、火災現場で死亡した60代の男性が運び込まれる。男性・今成卓見は(平田満)警備員で、自宅付近の火災現場で倒れているのを発見されたが、その胸には火災が起こった家の子供の遺体を抱えていたという。今成と子供に面識がない上、子供がカーペットに包まれていたことから、今成には放火犯の疑いもかかる。
 その後、解剖が行われ、加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)は、佐川文彦(時任三郎)から、今成の死因が子供と同じ一酸化炭素中毒であること、また、今成が肝炎を患っていたことを聞く。そんな中、亮介とともに解剖作業をしていた哲平は、夏井川玲子(矢田亜希子)から今成の肝臓を実験室に運ぶように指示される。ところが、途中で気を取られ肝臓が入ったシャーレを落としてしまう。慌てて割れたシャーレと肝臓を拾い集める哲平。そこへ、佐川が駆け込んできて、哲平の手を取る。指から出血していることを認めた佐川は、血相を変えて洗浄を施す。応急処置は済んだものの、感染の可能性がある哲平は、大学内の病室に入院することに。
 同じ頃、今成の肝炎について調べていた蕪木(泉谷しげる)は、それがB型肝炎であると突き止める。感染していたら命に関わることもあるだけに、大己らは検査結果が気にかかる。
 翌日、自宅での安静を言い渡された哲平の元に、久保秋佳奈子(石原さとみ)と彰がやってくる。部屋に入ると、佳奈子は哲平に謝罪をする。実は、今成の解剖の日、佳奈子は大学が募集する海外研修の最終面接があり、自分の順番だった解剖作業を哲平に代わってもらっていたのだ。言葉少なにうなだれる佳奈子に、気にしないでくれ、と笑顔を見せる哲平。しかし、今回のことで人の死について真剣に考えたと言い、その結果、感染の有無に関わらず、法医学を辞めるつもりだと明かす。突然の告白に、佳奈子も彰も言葉を失う。その頃、大学の研究室いた大己らは、刑事・大和田敏(山崎樹範)から、警備員だった今成が少し前まで科学警察研究所の火事を専門に分析するセクションに勤めていたと聞く。火災のプロだった人が火災現場で亡くなるとは、などと大和田が皮肉を言う中、それまで今成について調査していた大己は、何か大事なことを見落としているような気になり…。


子供の遺体がカーペットに包まれていた……という話を聞いて、
「あ、これ、以前の再放送で見た」と思い出しました。
また、仲間の一人が
ミスで感染症に掛かったかもしれないエピソードがあるとも
知っていましたので、
これら二つが同じ回で放送されていた事に
私は少し驚きました。
というのも、特に後者が
本放送時のテレビCMでやたら誇張されていたので、
本編ではもっと大袈裟にやっていた印象が強く、
実際にこうして見てみて、実はそうでもなかった事に
良い意味で拍子抜けしたんです。



こう言っては身も蓋もないのですが、
今回も、加地大己(瑛太)が「死体の声を聞こう」と言って
独自の捜査(笑)を行ないますが、
そんなに対象の死んだ理由/事情が知りたいなら、
やはり、彼は刑事志望に方向転換すべきと思いました。
今回のお話も、解剖ではなく、
それを元にした刑事ごっこがメインでしたし……。
大己にはこうしてゼミのお友達もできた事ですし、
死体の解剖は彼らに任せて、
彼はもう捜査に絞ってもいいんじゃないかと思いました。
やっぱり、捜査そのものが学生の領分を越えてます。
いつも、対象者が亡くなった際の状況が判明する際に、
解剖の結果でなく、
捜査をしていて分かった事が決め手となる点
──つまり、ゼミ生が死因を捜査で探るという
最初の設定からして
無理があるんだろうなと思います。
そんなに大己に捜査をさせたいなら、
以前にも書きました通り、
彼がミステリファンだったり、
彼の友達が刑事で話を持ってくるパターンだったりしないと
きついと思います。
尤も、後者ですと、まんまドラマ“ガリレオ”ですが。



法医学の道を進む事に迷いを覚えたゼミ生が、
その道の先輩の話を聞いて、やはり考え直すという展開は
良かったです。
ただ、このゼミ生、みんな一度は迷うの??と
ツッコミを入れずにはいられませんでした。
前回と同じ悩みの内容で、悩む人が違うだけというのは
ちょっと飽きます。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第9話:雨を読めた男の死

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-07 23:17  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。