SSブログ

感想@ドラマ「エンジン」第11話(最終回):ウイニングラン*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「エンジン」の感想です。
今回は第11話(最終回)「ウイニングラン」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
第1話以外は今回の再放送が初見です。

エンジン DVD-BOX

エンジン DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD


前回の感想はこちら。
第10話:ラストラン

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページから転載します。
 次郎(木村拓哉)は集中力を高め、『風の丘ホーム』のため、子供たちのために、ただ勝つことだけを考えていた。小指の怪我の痛みはまだ引かないながらも、もはや次郎は勝利の二文字しか考えることをしなかった。
 一方、水越朋美(小雪)も『風の丘ホーム』の再建を信じ、日々近隣住民を説得して回っていた。だが、朋美はもう一人ではない。次郎や朋美の姿に心を動かされた鳥居元一郎(堺雅人)も、行動を開始したからだ。
 子どもたちは、次郎のレースを心待ちにし、表彰台に立つ姿をそれぞれの場から願い祈っていた。
 そして朋美もまた次郎の勝利を強く祈り信じていた。戦いを前に次郎と朋美は二人だけの約束を交わす。
 ついにレース本戦の日を迎える。
 子どもたちもそれぞれの家から次郎を応援しようとサーキット場を目指すのだった。
 また、猛(原田芳雄)、ちひろ(松下由樹)、そして朋美、元一郎もそれぞれの場から次郎の勝利を祈っていた。
 レース場には、今は同チームではなく、最強のライバルの一人として立つ比呂人(青木伸輔)の姿もあった。
 次郎は皆との約束通り表彰台に立てるのか…? そして子どもたちの未来は…? 次郎と朋美の約束は果たされるのか…!?


今回はもう、最後に大団円を迎える為にあるお話でした。
以前から、皆が
“自分のできる事”をそれぞれ頑張る描写がありましたが、
今回は、それが実を結びました。
風の丘ホーム周辺の住民にしても
チームイチノセの監督にしても、
これまで冷たい言動ばかりだったのに
この最終回になって、急に手の平を返したように
イイ人っぽくなっていたのは
制作側に都合の良い展開だなぁと思わないでもないですが、
彼らがそうなってくれないと
お話が大団円で終わりませんので、
これで良かったのだと思います。

でも、今回に限ったことではないですが、
一ノ瀬監督の中での良し悪しの基準を
もっと明確にしてほしかったです。
要は、神崎次郎(木村拓哉さん)の気持ちと、
それを本当に実現させてしまう力次第だった
という事なんでしょうが、
私も、彼の考えている事がよく分からなくて、
作中の次郎と共に「はぁ?」となった事が多かったので……。



これまでの感想記事を見て頂ければお分かりの通り、
私は、こちらの作品に対して
良いイメージをあまり抱いてなかったのですが、
こうして最後まで見終えてみると
もっとちゃんと見ておけば良かったと後悔しました。
それぐらい面白かったです!




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2010-05-06 23:24  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。