SSブログ

感想@ドラマ「ヴォイス〜命なき者の声〜」第7話:命がけのタイムセール*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「ヴォイス〜命なき者の声〜」の感想です。
今回は第7話「命がけのタイムセール」です。
フジテレビのチャンネルα枠の再放送で視聴しました。
ほぼ初見です。

ヴォイス~命なき者の声~ ディレクターズカット版DVD-BOX

ヴォイス~命なき者の声~ ディレクターズカット版DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


前回の感想はこちら。
第6話:予期された入院患者

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページより転載します。
 東凛大学の解剖室に、住宅地で倒れ死亡していたという60代の女性が運び込まれる。そんな中、ゼミ生の加地大己(瑛太)と羽井彰(佐藤智仁)は、夏井川玲子(矢田亜希子)から解剖の作業に参加するように言われる。執刀する佐川文彦(時任三郎)から注意を受け、いざ、解剖が始まろうとしたとき、解剖を中止しろと怒鳴る声が廊下に響き渡る。声の主は、女性・野間口静代の夫・功(石橋蓮司)だった。一度は解剖を承諾したものの、妻は解剖を望んでいないはずだし、解剖をしても生き返ることはないという野間口。佐川は事件性も否定できないから、と解剖の必要性を説くが野間口は納得せず、静代は死因不明のまま無言の帰宅をすることに。そのやりとりを見ていた久保秋佳奈子(石原さとみ)は、耐えかねたように研究室を飛び出していく。そんな佳奈子を、大己、石末亮介(生田斗真)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、彰が追う。野間口に駆け寄った佳奈子は、真実がわからないままでいいのかと声をかけるが、功はその言葉を退ける。研究室に戻ったゼミ生たちは、解剖の必要性について意見交換するが、やはり、佳奈子は解剖に必要性を感じると話す。それを聞いた大己は、母親を亡くしている佳奈子にこそ伝えられることがあるだろうから、それを野間口に伝えてみては、と促す。そして、5人は下町で靴店を営む野間口の自宅を訪ねる。部屋に通されると、早速、佳奈子が自分の母親の話をはじめ、死因がわからないままでいることの辛さを訴える。しかし、野間口は自分にはそれを受け入れる覚悟があるから、と聞く耳を持たない。その後、彰の母・鳳子(濱田マリ)が営む沖縄料理店にやってきた5人は、各々の意見を述べ始める。解剖を拒否する野間口の気持ちもわかるという亮平、哲平、彰に対して、どうにも納得がいかない佳奈子。そんな4人を見ていた大己は…。


今回のお話は、最後に明かされる真相が
なかなか泣ける内容で、良いとは思います
──が、上記のあらすじのように、
中盤まで、対象者の解剖の必然性をその家族に説く事が
メインになっていますので
バランスが悪い作りでした。
真相が分かった事で、結果的に、
亡くなった女性の思いの深さがよく分かりましたし、
男性も救われましたが、
解剖を担当する学生に、ああやって独自の捜査(笑)をされて
過去を根掘り葉掘り聞かれて、調べ上げられて
「解剖をしましょう」と言われるのは、
普通の人だったら物凄く嫌な気分だと思います。
以前の回で描かれたように、
対象者の死に対して不審な事があるとして
残された家族からゼミ学生が依頼を受けるのは
まだ自然だと思いますが、
ゼミ学生から話を持ちかけるのは
──一度や二度、
「解剖をした方がいいです」と勧めた程度ならまだしも、
ああしてしつこくするのはどうかなぁと思ってしまいました。
こちらはドラマなので
現実ではないからいいという見方もできますが、
“主人公は基本的に正義である”というドラマの大前提が
こういう時にミョーに気に掛かるなぁと思いました。



亡くなった女性が健忘症(ぼけ)かと思いきや
実は、自分の死を見越した行動だったというのは
上記の通り、泣ける展開で良かったです。
あの目覚まし時計の一件は、
私にはちょっと煩い感じがしましたが
(スタッフさんによる視聴者を泣かせようという魂胆がミエミエ)
実際にあんなものが残されていたら
もう泣けて泣けてたまらないと思います。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第8話:決して消せない炎

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-06 23:22  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。