So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「エンジン」第5話:僕と君の秘密*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「エンジン」の感想です。
今回は第5話「僕と君の秘密」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
第1話以外は今回の再放送が初見です。

エンジン DVD-BOX

エンジン DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD


前回の感想はこちら。
第4話:小さな告白

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページから転載します。
 メカニックとしてチーム・イチノセで新しい一歩を踏み出した神崎次郎(木村拓哉)。仕事を開始すると聞いた風の丘ホームでは、次郎が、自分がレーサーではないことを告げられずにいるままに、子どもたちは皆、サーキットへ行こうと盛り上ってしまう。メカニックとして初めて出勤する日、次郎はいつもより早く子どもたちを送ろうとする。そんな時、食堂では園部葵(佐藤未来)が、ヘアピンが壊れたとごねていた。何か嫌なことが起こると言う葵を、水越朋美(小雪)やちひろ(松下由樹)が慰めようとするが上手くいかない。しかし、兄の徹(有岡大貴)が現れ、新しいヘアピンを渡した途端、葵の機嫌は一気に直ってしまうのだった。  そこに来た次郎は、バスへと子どもたちを促す。すると鳥居元一郎(堺雅人)から次郎は仕事が決まったのだろうと祝いの言葉をかけられ、鳥居から職業を問われると次郎は、子供たちの視線も感じてメカニックとは言えない。ちひろに、レーサー契約を結んだのかと聞かれ、思わず頷いてしまった。子供たちにもサーキット場へ連れて行くようせがまれてしまう。  チーム・イチノセのオフィスで、次郎は末永たまき(岡本綾)からメカニック用のつなぎを渡される。辞めるなら今のうちだと言うたまきに、次郎はまだ始めてもいないと切り返す。一之瀬新作(泉谷しげる)から、伊吹テツヤ(石垣佑磨)の下で仕事を教わるよう命令された次郎は、早速マシンにあたる。そこに菅原比呂人(青木伸輔)が来た。コーナーでリアが流れるとテツヤに伝えた比呂人は、自分のマシンを素人の次郎には触って欲しくないと嫌味を言う。  放課後、小学校に葵を迎えに行った徹は、帰り道で同級生たちに囲まれる。掃除をサボったと徹を責める同級生の一人の発した言葉から、葵を先に帰した徹は、同級生たちにつかみかかってしまう。  夕方『風の丘ホーム』に、徹に殴られた同級生たちの両親が押しかけてきた。そんな所に、次郎が帰って来た。同級生の母親たちの車で車庫をふさがれた次郎は、猛(原田芳雄)に迫る母親たちに文句をつける。そして、怒りの収まらない母親たちを追い返してしまった。夕食時、朋美たち大人は何となく徹を気づかう。おかまいなしなのは次郎だけ。星野美冴(上野樹里)は、徹に本当のことを話して欲しいと言うのだが、徹は一切何も語ろうとはしなかった。  次郎が部屋に戻ってメカニックの本を読んでいると葵と徹が来た。葵は、次郎が本気で遊んでくれないのですぐに帰ってしまうが、徹は何か言いたそうに佇んでいる。と、次郎はフレームの曲がった徹のメガネからあることに気づく。さらに、次郎が本を読んでいると今度は朋美が来た。朋美は、子どもたちをバスに乗せてどこかに行っていて欲しいと頼む。徹に殴られた同級生の両親たちが、今度は大勢で押しかけてきたのだ。次郎は、仕方なく子どもたちを乗せてホームを出て行く。  妹を守るために真実を言わぬ徹。そして、子どもたちにサーキット場に連れて行くようせがまれることになってしまった次郎。二人それぞれの真実は明るみに出てしまうのだろうか?


この回は何となく見た事があるなぁ……と、
子供達がレース用の車にベタベタと触っているシーンを見て
思い出しました。

今回は、主人公の神崎次郎(木村拓哉さん)にとっても
子供たちにとっても、嘘がテーマになっています。
勝手についてきて勝手に興奮して(期待して)、
次郎に嘘を吐かれていたと分かった瞬間に
「裏切られた」と被害者面をして、
彼を一斉に責める子供たちの言動は
よくある事だよなぁと思います。
勿論、次郎が嘘を吐いた事も悪いんですが、
今回は、周りが彼に嘘を吐かせた状況でもあると思います。

また、今回は、子供達を勝手に入れた事を見つかって
次郎が咎められる展開を作る為だとは分かりますが、
ともみ先生(水越朋美/小雪さん)も悪いですよね。
マシントラブルでレーサーが命を落とす可能性があるのを思えば、
ああいう場所は、子供は勿論のこと、
一般人が勝手に入っちゃいけない場所だとは分かるはずです。
(次郎はちゃんと「仕事に行く」と言っていたので)



最後、妹の為に兄が嘘を吐いていて、
兄の為に妹も知らない振りをしていると分かるシーンは
とても良かったと思います。
兄は妹を必死に守っているし、
妹は妹で、そんな兄を大事に思っているのが
よく伝わってきました。

また、泣いて帰ってきたともみ先生の為に
先に車内に戻っていた子供たちが
総じて寝た振りをしたのも良かったなぁ。
嘘で深まる絆もあるんだなと思いました。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第6話:17歳の花嫁

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-04-27 23:52  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。