So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「エンジン」第4話:小さな告白*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「エンジン」の感想です。
今回は第4話「小さな告白」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
第1話以外は今回の再放送が初見です。


前回の感想はこちら。
第3話:人生賭けた日

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページから転載します。

 神崎次郎(木村拓哉)と菅原比呂人(青木伸輔)のマッチレースが始まる。初めて見るレースに水越朋美(小雪)は戸惑う。次郎の無謀とさえ感じられるドライビングを評する末永たまき(岡本綾)の言葉に、朋美は恐怖を感じ始めた。  レースの結末とは。そして、次郎に対して一之瀬新作(泉谷しげる)が下した判断の内容とは。  その頃『風の丘ホーム』では、金村俊太(小室優太)が鳥居元一郎(堺雅人)に呼び出されていた。食堂で俊太を待っていたのは、猛(原田芳雄)、春山万里夫(角野卓造)と竹原夫妻。万里夫が、俊太の里親として竹原夫妻を引き合わせたのだ。俊太の生い立ちを聞いていた夫婦は「かわいそうに」と口々に憐れみの言葉を告げる。  次郎が帰って食事が始まると、猛は俊太に里親が出来そうなことを子供たちに報告する。子供たちは、俊太がいなくなるとホームが淋しくなると言い出す。俊太の表情も沈んでいく。鳥居が、俊太が里親の元に行っても楽しく過ごせるよう祈ろうと子どもたちに語りかけるのだった。そんな時、俊太がいなくなるのはやはり淋しいだろうと、園部葵(佐藤未来)が次郎に尋ねた。自分のことで手一杯の次郎は「淋しいと言っても、どうにもならない」とそっけない。そんな次郎に子供たちから非難の声が集中する。また、次郎は鳥居からも子供たちへの言動に注意して欲しいと言われてしまう。  翌朝、竹原夫婦が俊太を迎えに来た。本格的に家に迎え入れる前に、夫婦と俊太の関係を慣らす練習だ。ところが俊太の様子がどうもおかしい。そんなことは、おかまいなしに次郎は爆眠中。だが、ちひろ(松下由樹)に叩き起こされてしまう。果たして俊太の心に何が起きているのか。


前回の放送の子供たちとのかくれんぼの最中に、
神崎猛(原田芳雄さん)が鳥居元一郎(堺雅人さん)に向かって、
「ここは資格を持つ大人ばかりだが
次郎は、そういうものを持たない大人だ」
というような発言をしていました。
神崎次郎(木村拓哉さん)は13番目の子供と題されていたように、
子供のまま大人になったような部分がありましたが、
まさに今回のお話は、次郎が、
風ケ丘ホームに預けられた子供たちの兄貴分として存在していた
お話だったと思います。



施設がどんなに居心地の良い場所でも、
子供がそこにずっと居られないのを思えば、
まともな里親にならば引き取られた方が良いと思います。
あくまで施設は一時的な場所ですし、
いずれは、どの子供でも出ていかなくてはならず、
そこを故郷として大事に思う事は、
里子として引き取られてもできる事ですから。

ただ、私も、金村俊太(小室優太さん)と同様に、
「かわいそう」を連発していたあの夫婦の物言いには
引っ掛かるものを覚えていましたので、
彼が「ぼくはかわいそうじゃない!」と言って反発したのには
共感できました。
あの夫婦は、単純に言葉を知らないだけかもしれませんが
(最近の人が、何を見ても「カワイイ」を連発するように、
つい口癖で「かわいそう」と言ってしまう)
なんていうか、あの物言いには、
俊太を見下げている感じさえありました。
まぁ、普通の親でさえ、
何一つ問題のないパーフェクトな人はいないので、
こんな事でせっかくの話を無かった事にするのは
勿体ない気もしますが、
(というか、現実的に考えてみると
このレベルで話を断わっていたら
子供は誰一人、里親に貰われないと思います。
このドラマの子供たちは、お互いに皆を大事に思い、
一緒にいたいと強く望んでいますが、
上記の通り、貰われる機会があるなら
積極的に乗った方が良いと思います)
ドラマ的には良かったのではないでしょうか。



また、当初は
ドライバーでの契約しか念頭になかった次郎が
今回、子供たちとの生活を通して、
メカニックとしての契約でも構わないと考え直した点も
良かったです。
ここで終わるはずがないので、
これは、次郎が今後、ドライバーとして再復帰する為の
土台でしょうが、
彼が監督の一ノ瀬新作(泉谷しげるさん)の話を受けられたのは、
視野を広く持てるようになった証だったと思います。



意外と楽しめたので、自分でもびっくりです。
以前の感想記事にも書きましたように、
私は、裏番組のドラマ「バンビーノ」を
HDDに録画しているのですが
(W録できない機種なので)
こちらも録画して残したかったなぁと思いました。

次回も楽しみです。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第5話:僕と君の秘密

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-04-26 23:25  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。