SSブログ

感想@アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」第54話:烈火の先に*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」の感想です。
今回は第54話「烈火の先に」です。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 14 [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 14 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んでますので、
まだアニメ化されてない部分に記事で触れている場合があります。


前回の感想はこちら。
第53話「復讐の炎」

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
アニメ感想記事 一覧:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT


────

アバンで、イシュヴァール戦が終わった直後の
マスタング大佐とホークアイ中尉の会話が出ましたが……
この戦い、軍同士の普通の戦争だったら
皆がもう少し割り切れて戦えたかもしれません。
戦いの後も、ここまで引き摺らなかったかもしれません。
それなりに抵抗してきたとはいえ、
イシュヴァール側の戦力が
無力に近い民間人がほとんどだったからこそ
殺した側の人間の中で
こうやって苦い記憶として残ってしまったんだなぁと思います。



さて、マスタング大佐に変体して
ホークアイ中尉を騙そうとしたエンヴィーの企みが失敗し、
復讐に燃えるマスタング大佐が
彼女やエド、スカーに諌められるシーンが描かれました。
これ、皆が大佐を止めるのは勿論なのですが、
大佐の辛い気持ちもよく分かりますよね……。
だからこそ、最後に仲間割れを狙ったエンヴィーが
スカーを憎めと煽ったのが
虚しく描かれました。
エンヴィーの瞳に映ったエドの顔が
物凄く彼を憐れんでいる表情だったので、
私も何とも言えませんでした。
「エンヴィー。おまえ、人間に嫉妬してるんだ」に始まる
エドの言葉と、
「屈辱だよ、屈辱だよ。このエンヴィーが……」という
エンヴィーの最後の言葉は、本当に良かったなぁ。
エンヴィーが、体内にある賢者の石を自ら取り出し、
砕く事で自決したシーンでは、
不覚にも、私も泣いてしまいました。
これまでずっとエドをちゃんと呼ばなかったエンヴィーが
最期の瞬間、彼の名を呼んだのは
自分の心中を正しく察した彼への敬意かなと思いました。
これまで馬鹿にしていたエド(人間)を
遂に認めたんでしょう。



Bパートの筋肉祭り……
「肩、入ったぁ!」はおかしかった!!
爆笑しました!!
そして、お久し振りの“通りすがりの主婦”イズミ師匠。
ここでやっと錬金術師を名乗ったんですね。
なんか嬉しかったです!

そして今回は、最後にEDの曲にかぶせる形で
“おとうさま”とホーエンハイムが再会するシーンが
描かれました。
この二人が再会するのって、別れて以来始めてでしたっけ。
彼らから始まった事ですから、
こうして二人が正面から対峙するのは、
いつか必ずあるべき事ですが、
とうとうここまで来たのだと感慨深くなりました。

次回も楽しみです!





────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第55話「大人たちの生き様」

宜しければ、合わせてご覧下さい。


2010-04-26 23:17  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。