So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「踊る大捜査線」第10話:凶弾・雨に消えた刑事の涙*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「踊る大捜査線」の感想です。
今回は第10話「凶弾・雨に消えた刑事の涙」です。

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。

私はこちらの作品をリアルタイムで視聴していました。
よって、記事の中で先の展開に触れる場合があるかもしれません。


前回の感想はこちら。
第9話:湾岸署大パニック 刑事青島危機一髪

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴


────

いよいよテレビシリーズの終盤です。
この第10話と次の最終回で、前後編となっています。
普通に描けば一話半ぐらいの尺で足りる話ですが、
湾岸署のアイドル(?)真下正義(ユースケ・サンタマリアさん)が
撃たれた事によって、
その直後からねちっこい描写が続いています。
音が消される代わりに、
テーマソングが延々と流れるシーンでは
最初に見た時は、特に思う事はありませんでしたが
何度も視聴していると、お話のテンポが遅いのが気になって
さすがに飽きました。


撃たれた真下さんもそうですが、
恩田すみれさん(深津絵里さん)と柏木雪乃さん(水野美紀さん)が
辛そうなのを見るのが、苦しかったです。
特に雪乃さんは放心状態でしたので……。



その前に、“モグラ”から話を持ちかけられた
青島刑事(織田裕二さん)が、
犯罪が絡む取引に応じるか否かという選択に迫られました。
モグラからその話を聞かされた青島刑事が、
和久さん(いかりや長介さん)に相談した事で、
一旦、問題は消えそうになりますが、
また表面化してきます。
この辺は、今ではもう古臭い展開ですが
当時はまだ、バリバリと使われていましたね。
主人公が警察官のモラルに悩む展開は
懐かしいなぁと思いながら、視聴しました。



その他、
最終回に向けて色々と描かれているのも面白かったです。
警部に昇進した真下さんが講習を受けたのも、
雪乃さんが本当に警察官になる為の試験を受けた事も。
真下さんが十字架を持っていたのには
最初に見た時は本当にびっくりしましたww
そして、皆が少しずつ変わっているのに
「ミスのない捜査と隙のない接待」と言っている
スリーアミーゴスは
全然変わってないのが、素敵です。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第11話(最終話):青島刑事よ永遠に

宜しければ合わせてどうぞ。


2010-04-24 00:34  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。