SSブログ

感想@ドラマ「エンジン」第1話:13番目の子供現る*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「エンジン」の感想です。
今回は初回の第1話「13番目の子供現る」です。

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は第1話のみ本放送時にリアルタイムで視聴し、
後は今回の再放送が初見です。


各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

まずはあらすじから。フジテレビの公式ホームページから転載します。

 某ヨーロッパサーキットのモーターホーム。鏡の前に1人の男が立つ。しなやかに鍛えられた肉体を持つ男の名は、神崎次郎(木村拓哉)。レーシングスーツを着込んだ次郎は、マシンに乗り込みコースに飛び出して行く。コース上に出た次郎は、後ろから接近するマシンに煽られる。そのマシンには、チームのファーストドライバーが乗っていた。つまり、次郎はセカンドドライバー。当然、行われているタイムアタックでは、ファーストドライバーを優先しなくてはいけない。だが、次郎は本番のレースのごとく食い下がり、抜きつ抜かれつの競争状態になってしまう。2台はコーナーで互いのラインを失ってスピン。怒ったファーストドライバーと次郎は、殴り合いになってしまった。そして、やって来た監督から、次郎はチーム解雇を宣告されてしまう。次郎は、新たな職場探しにF1のレース会場へ行くのだが…。
 それから1か月後。『風の丘ホーム』に、草間周平(中島裕翔)という男の子が連れて来られた。周平を出迎えたのは、ホームの保育士、水越朋美(小雪)。朋美は、周平と彼を連れてきた森原夫婦を職員室に案内する。職員室ではホームの経営者、神崎猛(原田芳雄)と保育士、鳥居元一郎(堺雅人)が周平の到着を温かくねぎらう。森原夫婦が、ここに来た詳細を話そうとすると、周平は席を外すと言う。朋美は、そんな周平に施設を案内。
 森原夫婦は、里親として周平を預かったが、なついてくれないので施設に返す事にしたと猛たちに語る。そんな夫婦に、子供をペット扱いしていると猛は言い始める。傍らで、やり取りを見ていた猛の娘、ちひろ(松下由樹)が落ち着かせようとした。しかし、周平に責任転嫁を始めた夫婦に、ついに猛の怒りが爆発…しそうになった時、朋美が入ってきた。周平が行方不明になってしまったのだ。
 周平は、駅まで逃げてきた。だが、ポケットには数百円程度の小銭だけ。どうにかしようと考えた周平は、ある男に目を留める。スーツケースを引いて改札口を出てきたのは次郎だった。周平は次郎に金を貸して欲しいと頼む。だが、入院した母を見舞いに行きたいと言う周平のウソは、次郎には即座に見抜かれてしまう。もちろん、次郎は周平に金を貸す気などさらさらない。それでも食い下がる周平を尻目に、次郎は公衆電話から電話をかける。
 朋美は、周平を探しに自転車でホームを出た。見送るのは、ホームの調理師、牛久保瑛子(高島礼子)。また、ちひろも朋美を手伝うため後を追う。
 一方、周平はまだ次郎に食いついていた。次郎は、周平に、なぜこんな場所にいるのかと尋ねるが答えない。そんな周平の態度に次郎も対応を決める。
 次郎を中心に今、次々と事態が展開し始めるのだった…。


私は、役者としての木村拓哉さんが割と好きで、
彼が主演をするならドラマを見ようかなと思う事が多いです。
しかし、こちら“エンジン”については
第1話を見た覚えがあったものの、
その後は切った(視聴するのを止めた)ので、どうしてだろうと、
今回、再放送されると知った時に
自分自身の事ながら、不思議に思ったのでした。

そして実際に視聴して
──途中まで見て、「そうだ!」と思い出しました。
主人公の神崎次郎(木村拓哉さん)と一緒に
風の丘ホームにやって来る少年・草間周平
(中島裕翔さん)が嫌で嫌で、
見たくないと思ってしまったです。
なので今回も、彼に対して
「ムカつく子だなぁ」と思いながら視聴しました。
ああやって、優等生の仮面をかぶって生きるのが
草間周平の処世術だったとは分かっているのですが、
彼を簡単に施設に戻した二組の親にも、
彼自身にも問題があったんだなと、強く感じました。
あんなふうに可愛げがない子供は
扱い辛いですよね。
ちょっと彼を突ついてみれば、
人聞きがいいのは上っ面だけで、
実は、大人を小馬鹿にしているのがよく分かるので、
話しているだけで辛くなる親の気持ちも分かります。
(それだけ、草間周平は大人を信用してないのでしょうが)
草間周平が神崎次郎から金を借りようとして
しつこく付きまとっているシーンは
見ているのが苦痛だと思うほど嫌でした。

ここは、“大人びた子供”と“子供じみた大人”と
対になっているので、
二人の性格はそうでなければいけないのですが
本当に見ていてムカついてしまいましたww



そして、リアルタイム視聴時の私は、
ヒロインである水越朋美(ともみ先生/小雪さん)にしか
意識が向きませんでしたが、
こちらの作品って、施設に預けられた子供役として
上野樹里さん、戸田恵梨香さん、夏帆さんが
出演されていたんですね!
皆、顔が幼くてびっくり!!
というか、
上野樹里さんは大人と子供の中間ぐらいの顔立ちですが、
戸田恵梨香さん、夏帆さんは、完全に子供の顔でした。
かわいいなぁ。

そして、脇を固める女性陣が豪華です。
松下由樹さんと高島礼子さんをこういう役で使うなんて
贅沢だと思いますww
(特に、高島礼子さんのほっかむり姿は、
リアルタイムで視聴した時もビビった覚えがあります)

キャストさんもそうなんですが
全般的にお金が掛かっていると分かるドラマでした。
この頃は凄かったんだなぁ。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第2話:0からの始動

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-04-22 21:26  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。