SSブログ

感想@ドラマ「臨場」第8話:黒星*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「臨場」の感想です。
今回は第8話「黒星」です。

臨場 DVD‐BOX

臨場 DVD‐BOX

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。

私は原作の小説を読んでいませんが
こちらのドラマをリアルタイムで視聴していました。
(内容はうろ覚えです)


前回の感想記事はこちら。
第7話:ユズリハの家

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめていきます。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

今回はタイトル通り
主人公の倉石義男(内野聖陽さん)が
初めて見立てを間違う=黒星をつけるお話です。
また、検視補助官の小坂留美(松下由樹さん)の
メイン回でもあります。



小坂さんもかかわりがある
過去の恋愛にまつわる事件でした。
彼女自身も、今回は非常に辛い思いをしますが、
被害者が自殺に至った経緯・理由を全て
“拾い上げる”事ができた点が救いになっています。
また、上記の通り、
倉石さんが敢えて見立てを間違う事で
事件が単なる自殺で処理されて終わる事なく
綿密な捜査がなされた事になり、
暗い話の中にも少しだけ人の情を感じられるようになっています。

……が。
このお話を見る度に、
捜査官の個人的な事情で
警察が振り回されるのってどうなんだろうと
思ってしまいます。
ぶっちゃけ、この事件の余計な捜査のせいで、
他の事件の捜査に回せるはずの人員が削られますし、
経費(=国民の税金で支払われる)も余分に掛かります。
仕事には常に情をはさまずに厳しいところを見せる倉石が
今回に限って、滅多にしない配慮をしたからこそ、
今回のようにお話として成立しているわけですが
やはり、「なんだかなぁ」と思う部分はあります。

また、被害者の死体が出た時に
顔が化粧がなされていた事、
加えて、彼女自身が化粧をするシーンがあった事から
これはおそらく自殺だろうと私にも思えたのに、
作中で倉石に否定されるので、
「あれ?」と思わされた後でこういう結末を見せられると
ちょっと萎えます。



被害者については……
その一途さは素晴らしいのでしょうが、
あそこまで、過去の好きな人にしがみついていると、
彼が怯えたように、怖いなぁと私も思ってしまいます。
好きな人に貰った銀のうさぎのペンダントを
未だにずっと大事に持っていたのもそうですが、
彼女が口ずさんだ、あみんの“待つわ”の歌がとにかく怖かったww

多分、彼女は、カフェで小坂さんに尋ねたように、
「もし、私が彼とあのまま付き合えていたら……」
という妄想の中で
ずっと生きていたんですね。
現実を見ずに、そうやって
“あったかもしれない可能性”に縋る事で生きていたのに、
よりにもよって、その妄想に近い場所にいる二人から
それを否定されてしまったので
絶望したのだと思います。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第9話:餞〜はなむけ
(4/8 追記)
原作の小説も読み、感想を書きました。
感想:小説「臨場」横山秀夫著

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-04-01 20:31  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。