SSブログ

感想:アニメ「バカとテストと召喚獣」第10問「模試と怪盗とラブレター」*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「バカとテストと召喚獣」の感想です。
今回は第10問「模試と怪盗とラブレター」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の小説を読んでいません。


前回の感想はこちら。
第9問「キスとバストとポニーテール」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
アニメ感想一覧:2010年1月 開始作品


────

他の回の感想記事をご覧頂ければお分かりの通り、
私はこちらの作品を、原作を含めて
あまり高く評価していません──が、
今回の放送は上手くまとまっていて
構成がとても良かったと思いました。

だからこそ
何故か女性陣からモテまくりな吉井明久の理不尽さや、
木下秀吉のコスプレの意味、
姫路瑞希さんの不自然な胸揺れ強調シーンなど
ネタ系のエピソードが多々あったのが
私には総じて残念に思えました。
作品のファンの人は
おそらく「これがあるからバカテスは面白いんじゃないか!」と
強調されるでしょうが、
こういう事に興味がない私には
萌えアニメの鉄板設定を見せられた気にしか
なりませんでした。

ですが、上記の通り、構成は良かったです。
それぞれが違った理由でみかん箱に用があり、
気持ち(理由)はバラバラだけれど
同じ目的に向かって一つにまとまる展開は
邪道ながらも学園ものの王道でしたし
(このハズし方も上手かったです)
何より、盗まれたテストの問題が
最後に吉井君たちの機転によって無効になった件と、
姫路さんのクッキーが復讐&お仕置きの材料と化したオチは
とても効果的だったと思います。
作品に対して悪い先入観を持っている私ですら
「今回は面白いな」と素直に思えました。


相変わらず召喚戦争が関係ない点が
(次回ようやくあるようですが)
非常に惜しかったですが
これについてはもう、口にしてはいけないんだと
諦めながら視聴しました。






────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第11問「宿敵と恋文と電撃作戦」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-03-18 22:39  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。