SSブログ

感想:ドラマ「まっすぐな男」第9話「俺が守る」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「まっすぐな男」の感想です。
今回は第9話「俺が守る」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第8話「好きだ!」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

感想を書く前に、おことわりです。
今回は降雪があったせいか
電波状況が物凄く悪くて、
画面のノイズは凄い(たまに砂嵐レベル)わ
音声は途切れがちだわ……で、
非常に見辛い状況での視聴でした。
一応、お話のあらすじを掴む程度には見られましたが
細かい点の見落としはあると思います。
そのせいで、感想記事を書くにあたり
間違った認識をしているかもしれませんが
その際には、当記事のコメント欄か、
サイドバーから飛べるメルフォからご一報頂ければ
幸いです。



前回の放送の最後で失踪した鳴海(深田恭子さん)を
松嶋(佐藤隆太さん)がとうとう捕まえました!
そのきっかけを作ったのが、
街で鳴海をたまたま見かけた佳乃ちゃん(貫地谷しほりさん)
というのが、素晴らしいです。
私が佳乃ちゃんだったら、
当てつけで、わざと教えないかもしれない……。
そういう点で優しいのが(人としてちゃんとしているのが)
さすが佳乃ちゃんだなと思いました。
佳乃ちゃん自身は自分の為だと言っていましたが
結果的に二人の為になっていたのが
大変良かったと思います。

その鳴海ですが……
初回でろくにできなかったティッシュ配りの仕事を
(嫌気を覚えた途端に仕事を放り出した)
今回は自分からちゃんと行なっていた点で
私には彼女の成長が伺えました。
人間的に問題が無いとは言えない鳴海ですが
彼女なりにちゃんとできるようになったんだなぁ。

スーパーで、鳴海が松嶋のお母さんに教わりながら
ビーフシチューの食材を選び、
台所で二人一緒にそれを作るシーンは
見ていてとても微笑ましかったです。
松嶋のお母さんを鳴海が「おかあさん」と呼ぶシーンも
良かった。
最後、お母さんがバスに乗る前に鳴海が発した
「私、お母さんみたいなお母さんになる」との台詞は
これまでの放送の中で一番だったと思います。



今回、鳴海の料理の失敗で
松嶋達が住む社宅において
火災報知器が鳴ってしまう大騒動がありましたが、
よく考えてみれば、松嶋は独身なのに
家族向けの立派な社宅に入っているのって
ちょっと不自然ですよね。
建築会社の社宅だから建物が凄いというのは
分かりますが、
松嶋だったら独身寮に入るのが普通のような気がします。
まぁ、そうじゃないと
お隣に上司が住めないというドラマ的な都合が一番にあるのは
よく分かりますが。






────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想はこちら。
第10話(最終回)「究極選択」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-03-10 22:59  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。