SSブログ

感想:ドラマ「MR.BRAIN」第4話「変人脳科学者VS天才ピアニスト!!トランプで蘇る白骨死体!?」第5話「変人脳科学者VS美しき多重人格者!!結末は驚愕のアハ体験!?」前半*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

TBSの連続ドラマ「MR.BRAIN(ミスターブレイン)」の感想です。
DVDで視聴しました。

今回は、第4話(EPISODE4)
「変人脳科学者VS天才ピアニスト!!トランプで蘇る白骨死体!?」と
第5話(EPISODE5)
「変人脳科学者VS美しき多重人格者!!結末は驚愕のアハ体験!?」前半です。
(記憶障害を持つ天才ピアニストの話)


以下の記述にはネタバレがあります。
私は本放送時もリアルタイムで視聴していましたので、
記事において、先の回の内容に触れる可能性があります。


各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事(インデックス)まとめています。
テレビドラマ感想記事 一覧:再放送 視聴


────

今回はレンタルDVDで視聴しました。
(新たにインデックスを作るのも何なので、
この感想記事も“再放送”の括りに含めました)
現時点で、第1〜3話分のDVDを借りていないので、
それらについては、視聴次第、
新たに記事を投下するつもりでいます。



さて、今回は天才ピアニストの話です。
第5話(EPISODE5)後半の多重人格者のお話は、
次回の感想記事で触れます。

犯人と思わしき人物が二転三転するのは
見ていて面白かったです。
しかし、この話のメインだった“ハホイニ”の謎が
いまいちでした。
私は愛読者だったので、楽譜に書かれた音符を見た瞬間に、
「あぁ、“名探偵コナン”ネタだ」と思いました。
そして、“八木”が“ハホ”なのは分かりますが、
“仁”が“イニ”なのは、ちょっときついです。
……というのも、こうして↑文字にしてみると
仁の文字を偏と作りに分解した時に
カタカナのイニとするのは自然な事ですが、
パッと瞬間的に思い付いた事とするのは
ちょっと無理があるかなと思えてなりませんでした。

そして、“ハホイニ”は
真犯人を解きあかす直接の謎ではなかったので、
第4話の終わりの引き(次回への繋がり)としては
有効的だったのかもしれません。
しかし、こうして、DVDで第4〜5話を続けて見ると、
物語としての盛り上がりが後半に無い事から、
お話がどんどん尻すぼみになっていく(高揚が冷めていく)ので
勿体ない作りになっているなと感じました。

それと、最初に九十九が指南した神経衰弱の攻略法が
現実には役立たない(有効的でない)方法だったのと、
犯人当てにあまり関係なかったのも、残念でした。
神経衰弱は、結果的に
八木が楽譜を奪った件に繋がりましたが、
最初の神経衰弱が無くても
支障が全く無いエピソードになっていたので、
見ていて「ん?」と首を傾げてしまいました。



この話に限った事ではないのですが、
主人公の九十九龍介を演じる木村拓哉さんの
ギャーハハハハという笑い方が、非常に不愉快です。
耳障りです。
そして、大仰な演技が浮いています。
木村さんは、九十九のような奇人変人の演技をするのには
向いてない役者さんだと思います。
誰を演じても“木村拓哉”になるのが
木村さんの演技の最大の特徴ですので
もっと、彼の自然体な演技を楽しめる作品の方が
良かったと思います。

そして、セットと、脇を固める役者さんが無駄に豪華過ぎです。
ゲスト(犯人役)の役者さんを含めて、凄い面子です。
出演する側としては
“古畑任三郎”なみに気合いを入れていたかもしれませんが、
肝心のドラマの内容が少々陳腐なので
惜しいことになっています。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
MR.BRAIN :第5話 後半〜第6話

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-03-03 17:45  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。