SSブログ

感想@アニメ「君に届け」第20話:プレゼント*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「君に届け」の感想です。
今回は第20話(Episode 20)「プレゼント」です。
ネタバレがあります。


前回の感想はこちら。
第19話「夢」

各回の感想記事のURLは、他作品も合わせて
こちらの一覧ページにてまとめています。
アニメ感想一覧:2009年10月〜2010年3月


────

今回の感想記事を書く前に。
私は、原作の漫画に対しては、
連載が始まった当初に本誌で読んでいた&
ここ半年ぐらいの本誌を立ち読みでチェックする程度なのですが、
前回の放送を見た直後、
このちづちゃんの恋の落とし所が気になってたまらず、
コミックス第5〜6巻を借りて読んでしまいました。
ここだけで留めておく
(アニメの出来が良いので、そこから先はアニメ初見にしたかった)のが
こんなにも辛いとは思いませんでした。

でも、それぐらい面白かった……!
良い話ですよね。本当に。



さて、真田君のお兄さんが
婚約者と共に札幌に帰っていった後のお話です。

ちづちゃんに対する真田君が優しくて優しくて、
爽子もやのちんも本気でちづちゃんを心配していて、
(あんな状況を目の当りにしたら、無理もないですが)
振られて辛い立場にいる&
真田君のわけ分からない言動に悩まされたちづちゃんが
私には果報者に思えました。
みんな良い人だ……!

私にも経験がありますけれど、
心の底から友達を心配しているのに
これといって何もできない自分を痛感してしまうのは
本当にもどかしいです。
でも風早君が、爽子&やのちんに向かって言ったように、
ちづちゃんにとっては
そういう人がいると分かるだけで心強いと思います。
そして、“友達を心配する”という行為は、
今まで友達が皆無だった爽子にとっては
これが初めての経験なわけですが、
やのちんがそうであるように
ある程度までは経験でカバーできるけれど
こういう事はあまり馴れられることでもないので、
皆、そうなる度に秘かに思い悩んで
その時に最上と思える答えを出していくというのを
知ってくれればいいなぁと思います。



真田君に対してやのちんが発した
「私は最初から失恋する為に徹を好きになったんじゃない!」という
心からの叫びが痛かったです。
そして、これまで
感情をある程度殺していた感のあったちづちゃんが
真田君によって抑えを壊されて、
感情を一気に爆発させていたのが
私には興味深かったです。

ここは、ちづちゃんが
真田君のお兄さんに結果的に振られてしまった事をショックとして
大声で泣き叫んだかと思いきや、
実は、ちづちゃんの中では
お兄さん(徹)に振られたことよりも
誕生日プレゼントを渡した際の真田君の言動の不審さが
大きな問題になっていて、
彼女の中で不満が溜まっていた……と分かるオチがポイントで、
言わば、視聴者に
「え? 問題はそっちかよ」と意外に思わせる演出でもあります。
でも、私は、
親友である爽子でもやのちんでもなく、
真田君がちづちゃんを“拗ねさせる”事ができた理由となった点を
面白いと感じられました。
ちづちゃんは別に、友達の優劣をつけているわけではなくて、
それこそ“みんな友達”“みんな大事”なのでしょうが、
やっぱり真田君は幼馴染みだけあって
ちょっと特殊な関係なんだなという事を
私は改めて実感できました。

そして、そんなちづちゃんに応えるかのように、
最後にお兄さんに「パン要らない?」の電話をする真田君。
めっちゃ良い人だ……。
こういう人に惚れられたちづちゃんは
本当に幸せな人だと思います。







────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第21話「初雪」

宜しければ合わせてどうぞ。


2010-02-24 23:36  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。