SSブログ

感想@ドラマ「Love Story」第2話:モテない2人*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

TBS日曜劇場ドラマ
「Love Story(ラブストーリー)」の感想です。
再放送で視聴しています。
今回は第2話「モテない2人」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
第1話「飛べない鳥」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事(インデックス)まとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴


────

主人公の美咲さん(中山美穂さん)が
見れば見るほど──お話が進めば進むほど
魅力的に思えなくなりました。

今回、美咲さんが自嘲気味に
「私、『黙ってればかわいいね』って言われるんです」と
言う直前に、
私も「この人、黙ってればいいのに」と思ったので
そのシーンは噴き出しそうになりました。



こちらのドラマは、おそらく、
恋愛をお手軽に行なえるようになった世の中だからこそ、
不器用にしか恋愛ができない二人
(美咲さんと永瀬康)をメインに据えて、
彼らが恋に傷付く
&それでも彼らなりに新しい恋をする事をテーマにして
物語を描きたいんだと思います。

それは分かる……のですが、
美咲さんの重さは不器用じゃないですよね。
これまでの美咲さんの言動を見ていたら、
彼女は単に、自分の恋にのめり込み過ぎて、
相手の存在がぞんざいになっちゃったとしか
思えなかったです。

勿論、美咲さんは本気で恋人を好きだったのでしょうが、
恋人の心境の変化に気付きながらも
敢えて現実を見ないようにしていましたよね。
前回も、美咲さんが恋人に電話を掛けて
「私の気のせいかな?」
「なんで非通知だと(電話に)出るの」
と彼に尋ねていましたが、
現実を分かっているなら
それ相応の行動に出るべきだったと思います。
それを、自分の気のせいにしちゃって
まだまだ望みがある!と勝手に思い込んじゃって、
自分が傷付かないように都合良く
現実を歪んで見るようになってしまったのは
美咲さんの生き方が不器用というより、
大好きな恋人に振られる自分を見たくないだけの人のように
思えます。
ここまで極端だと、
相手への愛もそうですが、自己愛も強いですよね。
美咲さんが、相手への愛ばかりを語っていて
「私って重いんです」と言っている割に
自分が恋人に振られたくないという自己愛に全く触れてないのが
気になりました。

特に最後のシーン。
それまでのエピソードの積み重ねで、
どう考えたって、もう二人の仲が戻る事はないのに
美咲さんが呑気にも、
苺のパック詰めを手土産として持っていったのには
失笑しました。
すみませんが、この人、
精神的に病んでいるんじゃないかと思ってしまいました……。
あれだけ分かりやすく、相手から煙たがれているのに
苺の手土産ってあり得ないですww
この苺は、
それだけ美咲さんが
まだ恋人とやり直せると信じていた証なんでしょうが、
いい大人が、こんなにも
人の心を読めなくて大丈夫なんだろうかと思いました。
そりゃ、辛い世の中なら
多少鈍感であるぐらいの方が生きやすいですが、
あそこまで現実が見えてない人だと
本人だけが幸せで、周りは苦労を強いられるんだろうなと
素で思いました。

なので、美咲さんには全然共感できなかったです。
それどころか「この人は大丈夫なのか」と
心配したくなりました。



鍋友(香取慎吾さん)がギターで演奏した
“アルハンブラの思い出”は
いかにも“音はCD差し換えです!”なのが
痛々しかったです。
鍋友がギターを弾ける設定は、別に要らないと思います。
そして、相変わらず上手くない絵を描いているのも
痛々しいです。
鍋友にイラストレーター志望という設定が必要なら、
差し換えで、もっとまともな絵を持ってくればいいのにと
本気で思います。
あれじゃ
不良学生が行なうシャッタ−や壁への落書きと
大差ないです。






────

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第3話「君の恋」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-02-17 17:46  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。