SSブログ

感想:NHKドラマ「とめはねっ!鈴里高校書道部」第6回(最終回)「鈴里書道部の絆」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

NHKのテレビドラマ(ドラマ8)
「とめはねっ!鈴里高校書道部」の感想です。
今回は第6回(最終回)「鈴里書道部の絆」です。

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んでいません。


前回の感想はこちら。
第5回「書道部分裂!?」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

最終回です!

大江君から好意を寄せられているかもしれない事への
強い意識だけでなく、
書道パフォーマンスの肝となる“大字”の担当、
そして引っ越し&転校の可能性……と、
今回の望月結希は、心が揺れっぱなしでした。
親たちの思い出の曲に感動して、
その歌詞を書くという事で、
結希は、大字の部分である“轍(わだち)”という言葉に
あまりピンと来てなかったようですが、
国道134号線の唄であると大江君から聞かされた事で、
遠かった“轍”を
ぐっと近くに感じられるようになったというエピソードは
大変良かったと思います。

試しに、この“希望の轍”でぐぐってみました。
公式の宣言ではないですが、
巷では、本当にR134の唄だと言われているらしいですね。
ウィキペディア:希望の轍

鵠沼学園のパフォーマンスでは
忌野清志郎さんの“スローバラード”も流れました。
作中で使われる曲がちょっと古いのは、
制作側の趣味でしょうか。
放送&制作がNHKなので、
年代が上の人への考慮もあったかもしれません。


また、現実だと、
どうしても流行の唄では他校と被るので、
意識的に古い唄を選ぶ事もあるかもしれませんね。



鈴里高校書道部のパフォーマンスについては、
私は、鵠沼学園のよりもこちらの方が好きでした。
最後、色インク(?)をまくところが特に。
“轍”の字も迫力があって、生きていたと思います。

そして、それまで自分の汚い字に対して
強いコンプレックスを持っていた結希が
仲間に──しかも毛筆で手紙を書いた事は
とても大きな進歩だったと思います。
短い回数のドラマでしたが、
最後に主人公が大きく前進した事も含めて
きれいにまとまっていたと思います。

正直に言うと、鈴里の三位入賞は出来過ぎで、
私は、“努力賞”や“敢闘賞”での受賞が妥当かと思いましたが、
この先がない(ここで終わるドラマである)のを思えば、
これで良かったのだとも思えました。








────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2010-02-11 23:32  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。