SSブログ

感想:NHK土曜時代劇「咲くやこの花」第五話「来ぬ人を」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

NHK土曜時代劇「咲くやこの花」の感想です。
今回は第五話「来ぬ人を」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
第四話「嵐吹く」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

百人一首の大会の
今で言う決勝戦が行なわれました。
勿論、おこいちゃんとおしのちゃんの対戦です。

その前に、おしのちゃんが横恋慕している若旦那が
おこいちゃんを訪ね、
おしのちゃん家の鰻をたくさん食べさせようとしますが、
見れば見るほど、若旦那が阿呆に見えて仕方がないです。
なんでこんな男がいいんだ、おしのちゃん……。
でも、「蜜柑が転がって〜」や
「財布が重過ぎて〜」の軽口は、
私は好きでしたww
こういうふうに
何のかんのと理由をつけて積極的に動く男は
頭が回るので。
(口だけというパターンもありますけれど)



上記の件で落ち込んだおしのちゃんを見兼ねて、
彼女の父親が、
おこいちゃんに「負けてくれ」と頼みに来ました。
これ、こうして頼みに来た行為そのものが
父親がおしのちゃんの勝利を信じてない証ですよね。
もしこれでおしのちゃんが勝てたとしても、
それこそ、彼女のプライドを踏みにじる事になったはずです。
おしのちゃんとおこいちゃんの友情にも
ヒビが入ったかもしれませんので、
ここではおこいちゃんがビシッと断わってくれて良かったと
本気で思いました。



さて、大会の大一番。
途中までは、二人の差はありませんでしたが、
これまでおしのちゃんが他人に取らせた事がない
「しのぶれど 色に出でにけり わが恋は」の札を
おこいちゃんに取られてから、
すっかり士気を落としてしまい、
大敗してしまいました。

これ、おこいちゃんは性格が良いので
普通に取っただけでしょうが、
おしのちゃんの鼻を折るには効果的な行為なので、
性格が悪い私がもしおこいちゃんだったら
意地でも取りますww
最初の暗記タイムで絶対に覚える札の一つにします。



最後、二人で凧上げをして
おこいちゃんが
「おしのちゃんがいたから……」と言ったシーンは
とても良かったです。
常にコンプレックスを抱いていたとあって、
もしかすると、
おしのちゃんが心穏やかでない時がまた来るかもしれませんが
何とか乗りこえて、
二人の友情が長く続くと良いなぁと思います。







────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第六話「花さそふ」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-02-06 23:30  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。