SSブログ

感想:ドラマ「ライアーゲーム シーズン1」第11話(最終回)*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「ライアーゲーム」シーズン1の感想です。
昨年末(2009年)の再放送で視聴しました。
今回は第11話(最終回)です。
サブタイトルは
「最後にとっておきのゲームをご用意致しました
…絶望…狡猾…裏切り…嘘そして希望…
今宵、皆様は人間の本性を目撃、ライアーゲームの全ての
謎が明らかになる場面に遭遇するでしょう…ご堪能下さい
…レロニラより」です。

ライアーゲーム DVD BOX

ライアーゲーム DVD BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


以下の記述にはネタバレを含みます。
私はこのシーズン1の総集編と
セカンドシーズンのドラマを最後まで視聴済みです。
(第2期の感想記事は[こちら]でまとめています)


前回の感想はこちら。
第9〜10話

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事(インデックス)まとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

最終回です。
ご存知のように、
こちらは本放送時に放送時間が変更されて、
これまでの総集編も加えたスペシャル版として
放送されました。

総集編では、LGT事務局の裏側がちょっとだけ描かれ、
主催者の顔も明かされました。
また、これまで事務局員のエリーが
やや直寄りの言動を見せていた理由も
少し明かされました。
結局、皆、きれいごとを否定しながらも
きれいごとがちゃんと存在する世界を見たかったんでしょうね。
皆を救おうとする直の行動を見る事で
彼らは救われたかったんだとよく分かりました。

けれど、やってる事は傲慢そのものだと思います。
負けた側が莫大な借金を背負わされるルールもそうですが、
こうやって人間の汚いところを見せられるなんて
(また、自分にそういう部分があると痛感させられて)
プレイヤーにとってはいい迷惑です。
そんなに直を試したいなら
自分が彼女と直接対決すればいいのにと思いました。



そして、本当の最終回の内容ですが……
ヨコヤの浮き沈みが激しかったです。

直を騙して彼女のカードを手に入れて大笑い

秋山に騙されてがっくり落ち込み

キノコと手を組んでいた事を明かして大笑い

キノコにも裏切られていたと分かって落ち込み

最後、秋山に救われて泣き笑い

まったく……忙しい人です。

そして、終盤のキノコの裏切りには
本当にビビりました。
怪しい様子を見せていたから「もしや」と思いましたが
裏切っていたと分かって
──その後、直の側に改めてついたのを見られて
思わず「キノコぉぉぉぉ」と叫びそうになりました。
実は、こちらは本放送時に
リアルタイムで見ていたのですが
私は内容をすっかり忘れていたので
今回もどきどきしながら見る事ができました。
面白かったです。

でも、やっぱり終わり方は中途半端だったと思います。
無事にシーズン2が放送されて……
その後の劇場版も公開されるようで、何よりです。







────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2010-02-02 17:57  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。