SSブログ

感想:ドラマ「ライアーゲーム シーズン1」第3〜4話*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「ライアーゲーム」シーズン1の感想です。
昨年末(2009年)の再放送で視聴しました。
今回は
「第3話!! 22億争奪戦少数決スタート
闘いは新たなる舞台に君は生き残れるか!?」と
「第4話!! 遂にXの正体が明らかに!!
Xvs秋山の行方は!? 逆転に次ぐ逆転劇!!」です。

ライアーゲーム DVD BOX

ライアーゲーム DVD BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。
私はこのシーズン1の総集編と
セカンドシーズンのドラマを最後まで視聴済みです。
(第2期の感想記事は[こちら]でまとめています)


前回の感想はこちら。
第1〜2話

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事(インデックス)まとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

第3話は、“少数決”ゲームの具体的な内容が
実例(リハーサル+本番)をもって説明された回でした。
第4話は、姑息に動いていたキノコを
秋山がぴしゃりとやっつけた回でした。



第4話での“少数決”の実例は、とても上手いと思いました。
“あなたは女ですか”という質問です。
ここで、直を含めたプレイヤーと視聴者は、
質問の答えは事実に反しても構わないというルールを
簡単に学べています。
このゲームでは、誰がどちらに投票するかが問題であって、
投票する人のパーソナルデータ
(それこそ本当に性が女であるか否か)は全く関係がありません。
この時点ではルールをちゃんと把握していない直が、
誤った考えを元に投票して、
その後に提示された結果に驚きますが、
ここは本番前の前哨戦/ウォーミングアップとしては
とても良い例でした。

そして、秋山が言う“必勝法”を実現させる為に、
プレイヤーに根掘り葉掘り事情を聞く直ww
私たち視聴者は、彼女が正しい人間だと分かっていますので
怪しむ事は特にありませんが、
他のプレイヤーにしてみたら
「なんだこの子……」と思いますよね。
Xと思わしき女性プレイヤーにぴしゃりとやられたシーンは
笑ってしまいました。

また、この回から登場した我らがキノコ!
福永ユウジ!!
良い人そうに見えて、
実は、この時点では既にXとして暗躍していたかと思うと
彼を見ているだけで楽しいです。



第5話は、なんといってもキノコです。
初めてこの話を見た時は、私も驚きました。
彼にしてやられました。
そして何度見ても、
“22人で、8人のグループを3つ作る”方法と、
それによって、
“彼が選択した方が必ず少数派になる”策は
素晴らしいです。
こちらも、前回のマネー奪い合いゲームのように
説明されれば何という事もないですが、
無の状態からこの策を生み出すのは凄いです。

キノコと言えば裏切りというぐらい、
今や、彼の裏切りは当たり前のようにあって、
逆に無いと淋しかったりもするので
彼の原点を見たなぁと懐かしい気持ちになりました。
ゲームの中盤で調子に乗っている人間は
敵味方にかかわらず、後で必ず痛い目に遭う展開も
同じでした。
さすがに、シーズン2の終わりまで見た私は
この定番の展開にちょっと食傷気味ですが、
それでも、ドキドキとしてしまいます。
面白いです。







────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第5〜6話

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-27 17:47  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。