SSブログ

感想:アニメ「おおかみかくし」第3話「衝動」*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「おおかみかくし」の感想です。
今回は第3話「衝動」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作のゲームを遊んでいません。


前回の感想はこちら。
第2話「兄妹」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
アニメ感想一覧:2010年1月 開始作品


────

今回は、色んな意味でネタが満載だった回だと思います。
私はリアルタイム(深夜2時ぐらい)に見ていて
何度も吹き出しそうになりました。



まず今回の前半は、五人で
川辺でバーベキューをする+水遊びをする話でした。
水着回! しかもスクール水着とあって
アングルがもう……制作側がピンポイントに狙っていて、
女の私は苦笑ばかりしていました。
むやみやたらな水着の股間のアップ
(しかも五十鈴ちゃん限定)は
非常に分かりやすかったです。
かなめちゃんと五十鈴ちゃんのバスト差も、
「分かってるなぁ」と思いました。
でっぱいとちっぱいですね。

そして、Bパートでは
五十鈴ちゃんのお兄さんの一誠さんの急変振りが
メインに描かれました。
前回で散々匂わされていた通り、
おお、こっちはホモネタで来るか!と思ったのですが、
これって、これまでの話の中で
比較的、謎に近いエピソードですよね。

バーベキューで「(八朔を)焼くの?」と聞いた博士に対して、
五十鈴ちゃんが「罰当たり!」と即座に憤慨したように、
八朔は、この嫦娥街の人にとって単なるシンボルではない
(特に旧市街の人にとってはそう?)ようです。
また、病院長である櫛名田さんの台詞で、
「八朔が不作の年に(博士が)やって来るなんて」とあった事から、
まるで八朔が魔除けの役割を果たしているようにも思えます。
そして、上記の一誠さんの急変シーンですが、
抵抗した博士によって八朔のルームコロンが割れて、
あの香りが車内で強まった途端に、
まるで発作が治まったように、彼がおとなしくなりました。
これらの事から、やはり
八朔が彼ら(狼化している人々?)の症状を抑えているのではないかと
思います。

それと、今回は博士が病院に行った後で
薬を服用するシーンがありましたが、
一誠さんが本当に常備薬らしいものを呑んだシーンと、
櫛名田さんが眠ちゃんを労っていた事からして、
あの薬にも、そういう作用
(八朔の成分が入っているとか)があるのかな?とも
思いました。

五十鈴ちゃんもそうですが、一誠さんも
性欲というか、本能的な衝動を抑えられないっぽいですよね。
これって、まさに理性のない動物だなぁと
見ていて思いました。
一誠さんも、おそらく
普段から博士を憎からず思っているのは本当で、
その感情が何らかの作用によって煽られた結果、
本能剥き出しの状態でああなっちゃったのではないでしょうか。
これって、前回、
博士の家で迫った五十鈴ちゃんも同じだったので
やはり、あの兄妹は揃って同じ症状に襲われているんだと
私は推測しています。



他に気になったのは
・川遊びをしていた時に、博士達が釣り人に睨まれた事
・櫛名田さん(病院長)の研究?
・初回から出ている男の存在
です。

最初の川遊びは、単に、
ああして子供が遊ぶと魚が逃げてしまうので
それで釣り人に睨まれたという可能性もなくはないですが、
たとえば、旧市街と新市街の人の間にある対立とか
そういうどうしようもない事での因縁が絡んでいそうだなとも
思えました。

二つ目、三つ目については、言葉通りです。
これらはこの先のお話も見ないと分からないので
期待しています。



こちらの作品は、ゲームが主という事で、
既にそちらを遊ばれている方は全てを知っているのでしょうが、
答えが出されている事とはいえ、
ああでもないこうでもないと考えながら視聴するのは
大変楽しいです。
次回も、見るのが本当に楽しみです!






────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第4話「予感」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-22 17:36  nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。