SSブログ

感想:連続ドラマ小説「木下部長とボク」第2話「接待500円作戦」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ小説「木下部長とボク」の感想です。
今回は第2話「接待500円作戦」です。
以下の記述にはネタバレがあります。
私は、お笑いには全く興味がありません。


前回の感想はこちら。
第1話「幸せ呼ぶ無責任男奇跡の遅刻早退伝説」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

登場人物(木下部長+木下部)のおかしさの説明だけで
終わってしまった前回よりは、
今回の方が格段に面白かったですが、
お笑い芸人さんが多数出演している点をさっ引いても、
やはり“コントドラマ”の域を出ないなぁと思いました。

で、こういう変人タイプの人間がメインのお話は、
ジャンルを問わず、
“相当な変わり者だけれど仕事はできる/才能がある”+
“その結果が認められるので一部から熱烈な支持を受ける/敵も多い”
という展開になるのが王道で、
こちらの作品も、例外でなくそのようです。
なので、まぁ、おおまかな展開は分かっていたのですが、
500円のピンポンラーメンの会社が
取引先(まっちゃん)だという展開は
さすがに思いつきませんでしたので、
ちょっと笑ってしまいました。
麺の投入時の大雑把さが、見ていてたまらなかったです。

でも、その後の“静かな湖畔”の輪唱(カッコウの歌)は
私には不要だと思えました。
この辺は人の好き好きに左右される部分が大きいので、
もしかしたら、お笑いが好きな人には
好ましいエピソードだったかもしれません。
(私はお笑いに興味がないので……)



今回はまっちゃん(松本人志さん)の出番が
注目されていたようですが、
私は成功したと思いました。
私は、役者としてのまっちゃんをよく知りませんが
(彼の映画は二本とも見ていません)
映画のCMで見た変人さんよりは、
こういう、どうでもいい普通の人の方が
ハマると思います。
彼がまっちゃんだという事を考えなくても
存在感がありましたし。

そして、主人公を始め、木下部の面々が
相変わらずその他大勢になっているのが気になりました。
個々の活躍はこれからなのかもしれませんが、
脚本家が大宮エリーさんなのを踏まえると、
このままろくに描かれずに捨て置かれる可能性もあるので
怖いです。







────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想はこちら。
第3話「ディープキス部長と一番風呂で見る幸せ」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-22 17:29  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。