So-net無料ブログ作成

感想:NHK大河ドラマ「龍馬伝」第3回 偽手形の旅*ネタバレあり [NHK大河ドラマ感想]

2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の感想です。
今回は第3回「偽手形の旅」です。

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX—1(season1) [Blu-ray]

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX—1(season1) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Amuse Soft Entertainment =dvd=
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第2回「大器晩成?」

各回の感想記事のURLはこちらのページでまとめています。
感想一覧:NHK大河ドラマ「龍馬伝」


────

今回から、坂本龍馬の江戸への長旅が始まりました。

出立前に、平井加尾と神社であった龍馬が
「実はお前を好きだった」と告白したのですが……
土佐を離れるのが決まった後で相手に告白をするのって
結構ズルいですよね。
だって、龍馬は自分の意思で加尾を置いていくけれど、
故郷も捨てられず、
見合いの縁談も進められている加尾にとっては
彼についていきたくてもできない
──言わば、置いていかれる身ですよね。
しかも、念願が叶った龍馬は
色々な事があり過ぎて、
暫くは加尾を思い出すどころじゃないでしょう。
でも、普段通りの生活が待っている当の彼女にしてみれば、
居なくなった彼を何かにつけて偲ぶのではないでしょうか。
これってかなり辛いと思うんです。
龍馬は、心残りだった事をようやく吐き出す事ができて
すっきりしたけれど、
その分、絶対に
加尾は遣り切れない思いをしていると思います。
……と、書いていたら、加尾が、
やはり縁談を断わってほしいとお願いしていましたね。

そして、以前の回でも気になっていましたが、
加尾役の広末涼子さんの目の下のくまが酷くて、
いくら若々しい女優さんでも
年相応に見えたのが残念でした。
とても十代の若い子には見えない……。



偽手形を使って旅に出てまで
大酒呑みの父親に悩まされた岩崎弥太郎が
また不憫でした。
たちの悪い連中に彼が絡まれた際には
どうなるかと思いました。

でも、生まれも育ちも恵まれなかったからといって、
彼よりも恵まれている人間(龍馬)を目の敵にするのは
間違っていると思います。
今回、弥太郎は、龍馬の言葉に反発して、
「お前は飢えた事があるか」と言って詰りますが、
だったら龍馬に頼るなと、私は言いたくなりました。
この旅においては、
弥太郎自身が己の貧乏に甘えているのに
他人を罵る資格はないと思います。

最後の関所で
弥太郎の偽手形がバレそうになった後の顛末は
前回の堤作りもそうでしたが
茶番劇だったと思います。
なんていうか、お約束の展開を見せられて
「さぁ、これで感動しなさい!」と
制作側から押し付けられた感じ……?
今どき、こういう安っぽい話で泣ける人はいないと思います。
そして、いきなり次週でもう江戸に着いてしまうので、
今週の話を見なくても
次週からすんなり楽しめてしまう始末ww
第三回目にして早くも捨て回があるとは、とても残念です。








────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第4回「江戸の鬼小町」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-17 23:24  nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

にっこ

はじめまして。
今年の大河ドラマ、とても楽しみにしていたのですが、どうもしっくりこなくて。みなさんはどのように思っていらっしゃるのか、検索してみた所こちらにたどり着きました。
第1回、2回と「これはちょっと・・・どうなのよ?」と思う場面や台詞があり、それがなんなのか上手く言葉にできなくていたのですが、さくらさんの感想文を読んで、あ、そうそう!そうなのよ! と、やっとすっきりしました。私もさくらさんと、ほぼ同感です。堤造りの話しは強引だと感じましたし、第1回で上士にからまれた弥太郎をかばう竜馬の「上士も下士もなくなる時代が来ますけん!」という台詞は、まずありえないと思いました。
キャストが期待できそうな方ばかりなので、とても期待していたのですが、どうも脚本が悪いようでガッカリです。「風林火山」以来、見ごたえのある大河に当たっていないので、ああ今年もハズレかと(苦笑)。
この先観続けるかどうか、内容次第です。

物語の感想や評価を、ちゃんと言葉で書き綴ける人って、すごいなと思います。私は悶々として、なかなか言葉に出せないでいます。
では、またゆっくりブログ拝見させてもらいます。

by にっこ (2010-01-27 19:24) 

さくら

■にっこ様
はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。

期待していた部分が大きいと、
「ええ……これはないよ」と思う度に
がっかり感を強く味わっちゃいますよね。
私も、「風林火山」で大河の面白さにハマったくちなので
(それまでも視聴していましたが、
毎回欠かさず見たのは風林火山が初めてだったんです)
それより後の大河は、ちょっと残念に思う事が大きいです。

私もドラマを見ていて悶々としてしまうので
その度に、「なんで悶々とするんだろう」と考えています。
ドラマの感想を書いているだけなのに
自分の中に、そう思う理由を探す事は
まるで自分探しのようです。
拙い言葉しか綴れなくておはずかしいのですが、
宜しければ、また読んでやって下さいませ。
お褒めの言葉を頂き、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。
by さくら (2010-02-11 10:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。