SSブログ

感想:ドラマ「宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-」第1話「運命の日」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

1/15から放送が開始された新番組のドラマ
「宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-」の
感想です。
今回は、初回の第1話「運命の日」です。

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の小説を読んでいません。


各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

既に何でも持ってる男が
周り(家族)に望まれた事もあって
政界での地位も得ようとするお話
……という事で良いのでしょうか。

実を言えば、こちらのドラマについては
感想を書く気は全くなく、
他の事(原稿)をしながらだらだらと見ていました。
しかし、意外と楽しく見てしまったので、
見落としが多いとは思いますが
一応、感想を自分用の記述として残しておきます。



まず、作品のテーマが古過ぎですよね。
ちょっと前のフジテレビやTBSが
豪華なキャスト&高額な制作費を掛けて
やりそうな題材だと思いました。
作品のテーマは全然違いますが
“華麗なる一族”の劣化版という感じ??
でも、こちらも
連ドラにしてはなかなか豪華なキャストだと思います。
頑張ったなぁ。

今さら感が漂っているのと、いかにもな金持ち話が
逆にチープ感を出しているような気もしますが
そこが私には面白く思えました。
ネタドラマと言っては失礼ですが
気楽にちょっと見るには楽しめる内容でした。
タイトルの“宿命”という言葉は重いですが
内容はそこまでじゃないので、
ちょっと勿体ない気がします。
もっと軽めのタイトルでも良かったのでは……とも思いました。



北村一輝さんは、さすが、格好良いですね。
今回は、なんだか女優さん並みに
色んな衣裳で彼を見られた気がします。
個人的には、北村さんは努力の人で、
今回は彼がやっと掴んだ初主演ドラマなので、
成功してほしいのですが……。

小池栄子さんについては、私は興味が無いのですが、
彼女が演じる笹山宣子は面白い役所のようで、
とても楽しみです。
自身の妊娠を機に、有川崇に結婚してもらいたくて、
彼に無理に中出しさせようとしたり、
(あのセックスシーンはちょっとびびりましたww
生々しかったww)
結局、妊娠してなくて、思いきり悔しがったり、
有川崇の婚約者である白井尚子が通う料理教室に行ったり……と、
捨てられた女としては分かりやすい行動を取っていましたが、
そんな彼女が大変面白かったです。
でも、年収(年俸)4000万の女には見えなかったかな。
ともかく、次週が楽しみです!

白井尚子役の上原美佐さんは、
アテンションプリーズの意地悪な同僚役の印象が
私の中では強かったので、
こういうお嬢さん役が与えられるのは新鮮だと思いました。
美人さんだし、品もある方なので
見ていて憧れます。



邪道的な楽しみ方をしている自覚はありますが、
なかなか面白かったので、次も必ず見ます!
楽しみです。






────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第2話「慰謝料2000万円の罠…女の復讐」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-16 14:20  nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。