SSブログ

感想:ドラマ「のだめカンタービレ」第11話(最終回)さよならのだめ!!涙のクリスマス公演 *ネタバレあり [のだめカンタービレ:感想]

現在、フジテレビで再放送中の
ドラマ「のだめカンタービレ」の感想です。
今回は第11話(最終回)「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」です。
私は原作のファンで、漫画もアニメも見ています。
こちらのドラマの本放送も見ていました。

以下の記述にはネタバレを含みます。

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


前回の感想はこちら。
第10話「波乱のコンクール!告白と涙の最終章!!」

各話の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらのページでまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴


────

テレビシリーズの最終回です。
改めて見てみると、
大学生時代の千秋の集大成であり、
千秋とのだめの恋の集大成でもありますね。
最後とあって、情に少し走り過ぎた部分もありましたが
(クリスマスコンサートのベト7の直前)
それは、今の私には
SP版や映画版という続きがあると分かっているからであって、
もし続きがない状態でこの回が本当の最終回だったなら、
これぐらいしつこく「千秋ありがとう」とやるのも良いかなと
思いました。



今回の前半は、福岡・大川の実家に帰ったのだめを
千秋が単身で迎えに行く話。
後半は、千秋&Sオケの再演(クリスマスコンサート)です。

まず前半。
実家にいるのだめの家族は、
さすが彼女を育んだ環境!と思える面々でした。
父親が千秋に、のだめの過去のトラウマを語るシーンも
良かったです。
勿論、一番良かったのは、二人の再会シーン!
川沿いの道をてくてくと歩くのだめを、
千秋が車内から見つけるシーンは
何度見ても飽きません。
大好きです。

ただ、千秋が大川に行くきっかけは、
原作通りに、彼自身の意思にしてほしかったです。
こちらのドラマでは、
峰君&峰君パパの言葉がきっかけだったので
(のだめが予約したというクリスマスケーキの配達)
何度見ても、「あれ?」と思ってしまいます。
確かに、あの時の千秋が自主的に大川に行くのには
無理があるのかもしれません。
それでも! 私は
千秋が自分からのだめを迎えに行った事に
大きな意味があったと思うので、
やっぱりそうしてほしかったです。



後半の演奏について。
今や、“千秋=ベト7”というより
“のだめカンタービレ=ベト7”になってますので、
この曲(ベートーベンの交響曲第7番)で
テレビ版を締めてもらえたのは
作品のいちファンとして、とても幸せです。
当て振りとはいえ、千秋の指揮も見られて良かったです。

千秋の指揮については、
映画版(最終楽章前編を初日に見たばかりです)とSP版と比べると、
やはりまだまだ拙いのですが、
一生懸命さはよく伝わってきますので、好感を持てます。
これで、千秋の下半身がもっと動くと、
個人的には好みの指揮です。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続き(スペシャルドラマ「のだめ in ヨーロッパ」)の感想も書きました。
SPドラマ第1夜「指揮コン決戦(恋も音楽も新章突入 変態&俺様!夢の指揮コンクール大決戦!!)」

宜しければ合わせてどうぞ。


2009-12-20 16:47  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。