SSブログ

感想:ドラマ「HERO*再放送」第11話(最終回)最後の事件*ネタバレ [テレビドラマ感想]

フジテレビにて再放送中の
テレビドラマ「HERO」の感想です。
今回は第11話「最後の事件」です。
以下の記述にはネタバレがあります。

私はこの作品のファンです。
テレビシリーズを始め、スペシャルドラマと映画も視聴しています。
スペシャルドラマ感想
劇場版 感想


前回の感想はこちら。
第10話「別れの予感」

各話の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらのページでまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴


────

テレビシリーズの最終回です。
他の作品もそうなのですが、
初回や最終回が拡大版の放送だった場合、
このチャンネルα枠では、
二日間に渡って、分けて放送されるのですが
その際に、重複する部分を長々と流すのなら、
シーンをカットするのを止めてほしいです。
そして、できれば枠を調整して
一日で全て放送して頂けると嬉しいです。



さて、この話の冒頭で、
前回の騒動の責任を取らされた久利生が
沖縄の石垣支部に飛ばされる事が決定します。
それが明るみになった後、
皆が(末次さんの言葉をきっかけにして)
「これが久利生の最後の事件」である事に重きを置いて、
彼に協力するシーンが見物だと思います。
特捜が絡む事件で、分からない事が多すぎる事から、
皆、情報を得ようとして必死になる点が
素晴らしいです。

ただ、主軸となる政治家の事件が
あまり面白くないので
上記の通り、やっきになって頑張る皆の姿を楽しむ方が
メインになってしまった気がします。
このお話は、諸星を追い詰める事より、
当初は全く名前が出なかった彼に
いかに辿り着くかに焦点が当てられているので、
当然といえばそうなのですが。

私にとって、政治家絡みの話で一番面白かったのは、
諸星代議士がいるスイートルームを訪ねた久利生が、
秘書の目の前で電話を受けて、
怪しい香典を持ってきたのが彼女である事を知るシーンでした。
本来なら、ここでなく、
諸星代議士が改心するシーンでないといけないと思いますが、
この辺は、久利生が相手に説教をするパターンで、
内容も
「巨悪を罰する為に殺人事件を軽く扱って良いのか」系なので、
他のお話ともかぶる上に、
最後、会見を開いた諸星代議士が
久利生を遠回しに挙げたのも
ちょっとわざとらしかったり……と
最終回にしては詰めが甘かったなと思ってしまいます。



とはいえ、主軸から外れた枝葉の部分は、
さすがに面白いです。
雨宮さんがカメルーンの選手を必死に挙げていくシーンでは
私も感動しました。
これを含めたお別れのシーン、
そして石垣島での再会のシーンでは、
ちょっと照れ屋な久利生の良さが出ていたと思います。
最後、雨宮さんが
通販で買った日焼け止めを使用したというオチも
良かったです。



この後、スペシャルドラマ・映画と続くわけですが、
いっそ同メンバーで
第二期があっても良いのではないかと思える作品でした。
大好きです。



────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2009-12-12 19:39  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。