SSブログ

感想:ドラマ「HERO*再放送」第10話 別れの予感*ネタバレ [テレビドラマ感想]

フジテレビにて再放送中の
テレビドラマ「HERO」の感想です。
今回は第10話「別れの予感」です。
以下の記述にはネタバレがあります。

私はこの作品のファンです。
テレビシリーズを始め、スペシャルドラマと映画も視聴しています。
スペシャルドラマ感想
劇場版 感想


前回の感想はこちら。
第9話「俺がずっとそばにいる」

各話の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらのページでまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴


────

こちらのドラマは、
作中で出てくる刑事事件よりも、
久利生検事を始めとするキャラクター描写に
重きが置かれている作品です。
なので、事件の過程や結末は
キャラクターの個性表現に繋がるような描写が多く、
お話はいつも、大団円に近い締め方になるのですが、
この回だけは違います。
それに合わせて、
いつもは飄々としている久利生が珍しく
涙目になって激昂しています。
それが、事件関係者の死(被疑者)という、
被害者以外では初の人死に回で出たのも重いです。

敵に当たる中年刑事役の梅沢富美男さんの
いやらしい演技は凄いですね。
さらりと自然体で演じているようなのは
さすがだなぁと思いました。
こういう話では、悪役が凄ければ凄いほど、
正論を語る主人公達の信念が強く出るので
梅沢さんのキャスティングは大変良かったと思います。



個人的な好みも大いに関係するのですが、
最初と最後の雨宮さんのモノローグは不要だと思います。
タイトルの「別れの予感」も、
本編ではなく、このモノローグに掛かっているので
正直なところ「???」です。
この辺は、フジテレビお得意のアオリなので
私が不満を言っても仕方がないのですが、
今後、久利生が地方に飛ばされる事が
実際はそんなに大事でもないのを踏まえると、
この回を“最終回の一つ前”として過剰に盛り上げるのでなく、
普通の一つの回として取り上げてほしかったです。

また、本放送時には
以前の飯島直子さんご出演回と同様に、
めざましテレビなどで
「あの久利生に逮捕歴が?!」と過剰に煽っていたので、
実際にドラマを見て「なんだ、こんな事か」と
がっくりした覚えがあります。
アオリがあるのは、
それによって放送を見ようとする視聴者が増えるので、
良い事だとは思いますが、
あまりにもしつこかったり、予告で盛り上げ過ぎたりすると、
本編とのギャップで落胆してしまうので、
ほどほどにしてほしいです。



────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第11話(最終回)「最後の事件」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-12-10 00:38  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。