So-net無料ブログ作成

感想:ドラマ「リアル・クローズ」第2話 あなたダサいんです!*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

フジテレビのドラマ「リアル・クローズ」の感想です。
今回は第2話「あなたダサいんです!」です。

リアル・クローズ DVD-BOX

リアル・クローズ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

私は原作の漫画を読んでいます。
下記にはネタバレを含みます。


前回の第1話「ダサOLvs美人鬼部長」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-10-14-2

各話の感想記事のURLは
他作品と合わせてこちらでまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/drama200910


────

本編の感想を書く前に……。

原作の漫画も「物凄く面白い!」というほどではないのですが、
以前のスペシャル版と、前回の第1話のドラマを見たところ、
その漫画よりドラマ版の方が圧倒的につまらなかったので、
「なんでこんなにつまらないのだろうか」と、
ちょっと真面目に、原因を考えてみました。

最初に──そして一番強く思ったのは、
私が主人公の絹恵に共感できない事でした。
槇村さとる先生の歴代主人公の中でも、
この天野絹恵というキャラクターは、地味な方に入ると思います。
絹恵には「これ!」という特性がない分、一般人に近いので、
本来、視聴者が感情移入しやすいのですが
仕事中の絹恵がミョーに卑屈過ぎる点と
(演技が変なふうに過剰になっている)、
本当にダサい格好をしている点が
気になってしまって
共感どころか「これは無い」と思う部分が強く出ている気がします。
しかも、元から冴えない外見の女優さんが演じているならまだしも、
最先端のファッションを身に付けている香里奈さんが
無理にダサい格好をしているという状況は、
どうしても頭にありますし、
放送の最初と最後で出てくるモデル風の彼女の映像が本来の姿だとも
分かっていますので、
どうしても比べてしまう──演じているのが分かってしまうんです。
(それだけ、お話にのめり込めない)

そして、なんであんなに絹恵はヘコヘコしているのか……。
首をすくめて猫背にするのが、
絹恵の自信の無さの表われであることぐらいは、分かりますが
顔を俯かせて接客する態度は、あり得ないと思います。
このお話は、全体的に作り物の世界で成り立っているので
(そもそも、百貨店の平場スペースがあんなに幅を利かせる事はない)
リアリティ云々を問題にするのは野暮だと思いますが、
あれはちょっと違うよなぁと思ってしまいました。
ダサいの前に、辛気くさい、陰気な感じがして、嫌です。



というわけで、私は
強い口調できっぱりと物を言う凌さんに対して
過剰に卑屈になる絹恵に苛々とはしましたが……
美姫様と同様に、自分が叶わないほどお洒落だと思える人から、
会う度に自分のファッションを全否定されたら、
挙動不審になるほど卑屈にもなるかもしれませんね。
おそらく、演出家や監督の指示でああなったのでしょうが、
香里奈さんが、もっと自然に
弱気な絹恵を演じて下さったら良かったのになと思っています。

凌さん役の加藤夏希さんは、今回もステキでした!
私の好みとは外れた服もあったけれど、
彼女が着ていた衣裳は全部かわいかったです。
あれは、服だけでなく
着ていた加藤さんがステキだったから……という理由も
あったと思います。



飛猫舎の一件は、
原作では、バイヤーとなった絹恵の出発点というか
彼女にとって大事な手柄(田淵を認めさせた仕事)なので、
今回の放送で、田淵に奪われた形になってしまって
私は「えええ」とは思いましたが、
一応、最後には、絹恵と凌さんのお陰というオチがついたので
ホッとしました。
また、原作は絹恵がメインなので、
他のキャラクターが独自で動く部分の描写は、どうしても省かれがちですが、
田淵がGOLDYの蜂矢さんに負けるところがちゃんと描かれたのは
ちょっと新鮮でした。
何より、絹恵が「細やかな作りを持つ服が好き」と気付くエピソードに、
一つ一つ手作りで仕上げている飛猫舎のエピソードを繋げるのは
上手いと思いました。
漫画を読んでいる時は気付きませんでしたが、
確かに、この二つには強い関連性がありますものね。
絹恵がバイヤーとして飛猫舎に関わるか否かにこだわらなければ、
これは成功と評価しても良いと思います。
(私は、そこにはこだわっていないので、これを良しとしましたが、
あくまでバイヤーになった絹恵の仕事として分けた方が良いと思う人には
駄目だと思われたかもしれません)



それと、気になった事が一つ。
私の中では、田淵役の西島秀俊さんが
同じデパートものだった「山おんな壁おんな」の井口とかぶります……。
田淵ががさつな行動を取る度にいつ訛るのかと
思ってしまいます。

すみませんが、IMALUさんは要らないと思います。
有名人の娘として話題の彼女を起用して
ドラマへの関心を煽りたいのでしょうが
いなくても全く問題ない役ですよね。
それに、あれなら
他の女優さんの方が良いと思います……。


────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの第3話「悪魔部長に弟子入志願」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-10-28-3


2009-10-20 23:59  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。