SSブログ

感想@「ミラクル☆トレイン〜大江戸線へようこそ」第2話:パスポートをあなたに [アニメ感想]

アニメ「ミラクル☆トレイン〜大江戸線へようこそ」の感想です。
今回は第2話(Episode2)「パスポートをあなたに」です。
ネタバレがあります。


前回の第1話「ラビリンス42.3」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-10-05

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめる予定です。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02


────

一話につき
一人の女性ゲストキャラクター+一駅に焦点が当てられるという事で、
今回は、仕事で海外赴任を言い渡された女性と
“都庁前(とちょうさき)”がメインでした。



あちこちに都営地下鉄大江戸線のマメ知識が入れられた上で、
女性が悩みを明かし、その“駅”の擬人化である青年が解決する
(でも基本的に大した事はしない)のが
このアニメ作品のパターンなので、
これ以外は描きようがないからか
(しかも、見る前から「あぁ今回も同じだ」と分かるからか)、
二回目にして、早くもマンネリ感が漂っていたような気がします。
ただ、今回は、前回よりもマメ知識の量が多かったので、
私が見ていて「へぇ」と思う事はそれなりにあり、
その時だけ興味を持つ事はできました。

ただ、この擬人化された“駅”の青年は
できる事が普通の人間と同じという設定だからか、
持ちかけられる悩みもごくごく一般的な内容なので、
アニメ作品として見ると
盛り上がりに欠けるというか、パッとしないです。
私は、こういうお話におけるぶっとんだ設定はあまり好きではないので、
普通の人っぽい駅の設定については、大変好ましく思っているのですが、
それでも「地味だなぁ」と失笑してしまいました。
“駅”の青年は、
前回も今回も、悩みを持った女性と話す事で、
彼女を「うん、じゃあ頑張ってみる!」と前向きにさせただけでした。
これだと、何も駅の擬人化じゃなくてもいいじゃないかと
つまらない事を思ってしまいます。



そして、これはキャラデザの問題なのですが
パッと見ただけでは誰が誰だか分からず、
“駅”の皆が同じように見えるのが残念です。
両国君を出して、吉良屋敷にこだわる設定を入れたのなら、
いっそ彼を“ふくよかさん”な外見にしても良かったんじゃ??
一般的に、漫画やアニメにおけるおデブさんは、
笑いやオチのネタとして扱われる事が多いので、
もしそうだったら、彼だけ変に浮くかもしれませんが、
ふくよかさんでイケメンという人だって
居てもいいと思うんです。

眼鏡を掛けている都庁前に、髪の毛の色が違う月島、
そして前回のメインだった六本木は、私にも分かるのですが、
残りの面々は、顔を見ても
「これ誰だっけ」と思う始末です。
新宿は、声を聞くと「あぁ、新宿新宿」と思い出します。
こちらの作品が放送される時間は
午前二時過ぎと、極端に遅いので、
頭が回らない事もあり、ちょっと辛いです。



そしてこれは、今回に限らない全体的な希望なのですが、
こういう作品の醍醐味って、
見た視聴者が「その場所(駅)に行きたい!」と望み、
実際に行ってみて、「あ、本当だ!」と実感する事にあると思うんです。
今回は、都庁前の駅が関東100選の一つに選ばれているとあったので、
この駅に行った事がない私は「あ、見たい」と思いましたが
こういうのがもっとあるといいなぁと思いました。
駅そのものにはあまり興味がないのですが、
100選の一つなら見てみる価値はあるのかなと思えたので。
都庁の展望台と新宿中央公園は、今さら感がある上に
特に目新しくなく、描写も大した事なかったのが勿体なかったです。
(都庁前駅は、新宿駅から歩いてすぐなので
私は中に入った事がないんです。
都庁は、新宿駅から新宿中央公園に行く途中にあります)

何より、お悩み解決の部分がもっと面白くなってほしいです。
お話の主軸は、一応、女性の悩みにあるのだから、
その悩みの内容&解決方法を
もっと何とかして頂きたいなぁと思っています。



────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。


第3話「十三万人の旅立ち」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-10-19-2


2009-10-12 10:06  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。