So-net無料ブログ作成

感想「うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜」第9話:愛する心 [アニメ感想]

アニメ「うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜」
第9話「愛する心」の感想です。
ネタバレを含みます。
原作となっているパチンコ「海物語」はやった事がありません。


前回の第8話「求め合う心」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-08-21-5

各話の感想記事のURLは、他のアニメ作品の感想と共に
こちらでまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-27


────

こちらの作品の感想記事では
あまり宜しくない言葉を書く事が多くて
本当、申し訳なかったのですが
(すみません)
今回は胸を張って言います!

すっっっごく良かった!!!!!

いやーいやー今回のお話は良かったなぁ。
一部の作画で「ん?」と思う部分はあったものの
お話がとても好ましかったです。



海の巫女になれない状況は変わらないものの、
マリンの気持ちがかなり穏やかになってきたのか
言動がかつての彼女に戻っていました。
夏音も、前回の大島さんとの一件で
小島君への反発心が薄れてきたのか、
毒気がだいぶ抜けてましたし……。
マリンの為に夏音も協力して、
二人で一緒にヨガに励むエピソードは
微笑ましくもあり、面白かったです!
浜辺で二人がこうしていた時に、
たまたま通りかかった女性二人連れの観光客に
ギョッとされたシーンは
夜中なのに本気で笑っちゃいました。

笑ったと言えば、大島さん。
古典的ギャグですが、
立ち上がる時に頭をぶつけたのも、不意だったので、
笑わせて頂きました。
子供の頃から邪悪なオーラを漂わせていたという
夏音の過去回想についても、
彼女には失礼ですが、面白かったです。
あの、小さい身体から発せられていたオーラは
本当に凄かったww



偶然に会った小島君とマリンが
静かに会話をするエピソードも、大変良かったです。
小島君に対しては、今回の放送の終盤で
夏音が今にも告白しそうな状態にまでなってましたが、
二人とも基本的に言葉が足りない人で、
しかも夏音は早合点しがちな性格なので、
一対一でじっくり話すのはまだ無理だと思うんです。
でも今のマリンなら、夏音の代わりにはなれないけれど、
彼女と近しい立場の人として、小島君の話を聞いてあげられます。
まぁ、今回は、小島君の言葉によって
マリンが巫女になる為の手がかりを得たようなものなので
一般的な恋愛のように、
女ともだちとしてあれこれと世話を焼く事はなかったわけですが
それでも、この二人が会話を交わした事には
大きな意味があったと思います。
夏音が歌を呟いたのも良かったなぁ。



そして、ようやく二人揃って巫女になれて良かったです!



最後のウリンのモノローグ
「私の大切なモノを奪う空の巫女に
大切なモノをなくしてもらわなきゃ」が怖かったです。
いくらウリンが寂しがりやでも、
他人の不幸を祈るような子じゃないので
完全にセドナの影響を多大に受けてますね。
この台詞は、聞いていて本当にゾッとしました。





────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの第10話「沈黙する心」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-09-05-2

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-08-29 05:05  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。