SSブログ

感想@CD 機動戦士ガンダム00アナザーストーリー「COOPERATION-2312」*ネタバレあり [ガンダム00]

CDドラマ・スペシャル
機動戦士ガンダム00アナザーストーリー「COOPERATION-2312」の感想です。
CDドラマスペシャルの第3弾です。
ネタバレ(第1弾のCDについても含みます)があります。

2312.jpg


CDドラマ第1弾「MISSION-2306」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-04-09-3
CDドラマ第2弾「ROAD TO 2307」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-04-09-4
CDドラマ第4弾「4 MONTH FOR 2312」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-08-07-6

ガンダム00のドラマ・ラジオCD、ゲームなどの感想記事は
アニメの感想と共にURLを一覧でまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-24-7


────

00のCDドラマは、奇数がギャグ回、
偶数が本編補足のシリアス回となっているようです。
で、今回は第3弾……奇数なので、ギャグ回なのですが
正直言って「やり過ぎだ」と思いましたw



(以下、第1弾の内容のネタバレがあります)



CDドラマ第1弾「MISSION-2306」をお聞きになった方は
ご存知でしょうが
あのCDの売りはなんといっても
刹那の「チョリーッス!」と
ティエリアの「ごきげんよう」だっと思います。
今回の第3弾は、
セカンドシーズンの中で使われた名台詞を
本編とは全然違うシチュエーションで使って
セルフパロディ仕立てにした上で、
この第1弾を踏まえた味付けがなされています。
それが、上記前者の「チョリーッス!」だったり
ブシドー(グラハム)のブシ仮面のガチホモ設定だったりするわけです。

ううん……正直、あの「チョリーッス!」は
CDドラマ第1弾で最初に聞いた時のインパクトが大きかったので
物凄く面白かったわけですが
二度目&しかも「チョリーッス」の台詞連発という今回は
ちょっとしつこいなぁと思ってしまいました。
それこそ、刹那をミルク刑事とかにして
最初の挨拶だけ「チョリーッス!」とやってしまう程度なら
可笑しいと素直に感じられるところで留まれたと思います。

今になって思えば、その第1弾でさえ、
結構ギリギリのところなんですよね。
なので、それを軽々と超えている今回は
逆に笑えないようになってしまったのかなと思います。

また、ティエリアのボスですが、
これは中の人である神谷浩史さんもご苦労されたかとは思いますが、
ティエリアが声音を変えて喋っている……はずなのに、
すっかり彼らしくない喋り方になっているので、
“声でキャラクターを楽しむ”というドラマCDの良さが損なわれています。
この脚本を書かれたという黒田洋介氏
(本編の脚本も担当されている方です)の本の上では
ボスっぽく振る舞うティエリアがちゃんと描かれているのか、
たとえば、文字としてティエリアの台詞を拾ってみると、
ちゃんといつもの彼らしい言動だと分かるのですが、
声の感じが全然違うので
ドラマCDを聞いてみると、ティエリアに思えない
……しかも、全くの別人というほど違っているわけでもなく、
たまに普通のティエリアの声・口調も交じるので
その、中途半端に彼を感じられる部分があまり宜しくなかったです。
私は、まるで服と背中の間に虫に入られた時のようなもぞもぞ感を
覚えてしまいました。



CDドラマでは初登場のライル。
皮肉屋なところが、同じロックオンを名乗っていても
兄ニールとは全然違いますので、
私は、彼がライルである事を自然に受け入れられました。
また、ティエリアがライルをニールとつい比べてしまうシーンもありました。
本編では「違う」と独り言を呟くだけだったティエリアが
思わずそれを口にしてしまい、
ライルに直接「当たり前だ」と言われたところは、良かったと思います。
ただ、ライルは、
本編のおかしさに絡むシーンが
刹那やティエリアと比べて格段に少ないので、
彼のファンには聞いていて物足りなさを感じるかもしれません。
逆に言えば、彼らのようにキャラクターを壊されずに済んだので、
ファンの方は安心して聞けるかもしれませんが……。

アレルヤは……ちょっと扱いが可哀想でした。
不幸体質がネタになっています。
それを割り切って楽しめる人でないと、
今回は聞いていて辛くなるかもしれません。
あ、ハレルヤさんは出ます──が、ほんのちょびっとです。



マイスターであるライルとアレルヤ以上に活躍していた
ハム先生……ハム仮面……もといブシ仮面。
第1弾の内容を踏まえた上での登場なので
彼は今回も、少年愛を求める変態さんとして描かれています。
これは第1弾よりも更にパワーアップしているので、
それで駄目だった方は、今回は聞いていて不快になるかもしれません……。
やおい大好きな私ですら、ちょっと引いたので、
そういうのを苦手とする方は(あくまでネタなのですが)
ドン引きするかもしれません。
ただ、当初はブシ仮面がリボンズに迫っていたのに、
彼に両手を広げられて「カモン」と言われた事で興奮が冷めて
「興が乗らん!」と言って断わるシーンは、面白かったです。
シチュエーション萌えもあるんですね、ブシ仮面は。

そのリボンズ。
蒼月さんがノリノリでした。
喘ぎっぽい声もちょっとだけ聞けます。
部屋で聞く時は、そこだけボリュームに注意!です。



と、まぁ……全体的に、
決して「良い」とは言えない感想が多くなってしまう今回ですが、
遥ちゃん(ミレイナの中の人の名前が戸松遥)の「ですぅ」連発ネタや、
意外に合っていたビリーのズーズー弁など
面白かったネタもありました。
スメラギさんの代わりに
まとめ役としてイアンが出ていたのも、新鮮でした。


スタッフさんの悪ノリをネタとして受け入れられる人は是非どうぞ。
第1弾で駄目だった人は、今回はスルー推奨です。





ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2009-07-03 08:25  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。