SSブログ

感想@アニメ「リストランテ・パラディーゾ」第11話:リストランテの人々*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「リストランテ・パラディーゾ(リスパラ)」の感想です。
今回は第11話(最終回)「リストランテの人々」の感想です。
ネタバレを含みます。
原作の漫画は未読です。

前回の第10話「秘めたる恋」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-18-1

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-6


────

ニコレッタの母親・オルガの誕生会のお話でした。
クラウディオを相手に
「(自分が)ローマに来ちゃったから仕方なく呼んだのかな」と
ぼそっと愚痴を吐くニコレッタが、いつになく子供っぽくて
かわいかったです。
また、ガブリレッラを密かに見るニコレッタの後ろに
ジジが密かにいた事が、
おかしくてたまりませんでした!
さすがジジ。
いい味を出してます。
「今日はよく食べてる」と言われていたのも、彼らしいです。

ニコレッタの気持ちがバレバレで
皆がこそこそと噂しているのも、おかしかったなぁ。
微笑ましく皆に見守られているのが分かって
見ていて気持ちが温かくなりました。



しかも、
ニコレッタが電話を掛けたお祖母ちゃんとの会話で出てきた説明と、
オルガの「出てきてくれて良かった」との台詞から、
ニコレッタがオルガに歓迎されている事がよく分かったので
私はホッとしました。
初回でオルガを初めて見た時は、
話がニコレッタ視点で描かれていた事もあって
「とんでもない母親」だと思いましたが、
ニコレッタの手作りケーキに感激したあまり、
勢いで皆の前で真実を告白しちゃうなんて
いい母親じゃないですか!
彼女は、根は良い人なんだという事を、実感できました。
かといって、オルガがニコレッタを捨ててしまった過去は消えませんが、
今後、この親子の素敵な関係が続いていく土台が
このパーティーでしっかりと作られたと思います。
最初に提示された問題がちゃんと解決されたので、
アニメ版の最終回に相応しい、良いお話でした!

オルガとニコレッタの関係について
実はオーナーさんも知っていたという展開にも
安堵しました。
オーナーさんが知っていたのはバレバレでしたから
それが明白になって、気持ちがすっきりとしました。。



最後に、クラウディオが自分の意思で指輪を外していました。
それでも、クラウディオがニコレッタとどうこうなる事もなく、
また、彼女も彼に対して焦る事無く、
淡々と日常が過ぎていき……
でも二人がちょっとずつ仲良くなっていく様が描かれていました。
正直なところ、この二人がカップルとして成立するのは
まだまだ難しいので、
それこそ、何か切羽詰まった大きな問題でも起きない限り、
(ニコレッタが他の誰かと結婚しなきゃいけなくなるとか)
二人は同僚としての心地よい関係をずっと続けていくと思います。
でも、それは決して不幸な事ではなく、
二人がちゃんと幸せな事として受け止めているようなのが良いです。
何より、最後にニコレッタが冗談で
クラウディオを「恋人」と呼んでいたように、
こういう事を気軽に言える&気軽に否定される関係が、素晴らしいです。

そして、スタッフロールが流れるエンディングなのですが、
これまでは、壁に貼られた写真を通して店の歴史を見てきたニコレッタが、
ちゃんと写真に収まり、
彼女もあのリストランテの一員として店の歴史に存在を残していたのが
大変良かったです。
最後、以前の回の締めと同様に
クラウディオがメニューブックを閉じて終わるラストシーンも良かったです!
雰囲気あるし、情感もたっぷりだし、
何より、本当にレストランに行った後のような
充実感を伴った余韻を味わえたのが、大変好ましかったです。



実を言うと、原作を知らなかった事もあり、
アニメを視聴する前までは
ここまでこの作品を好きになれるとは思ってもみませんでした。
もう、DVDのCMでクラウディオの「困ります」を聞けないかと思うと
淋しくなりますが、
これからは、録画した映像を大事に見直すつもりです。
本当に、最後まで素敵なアニメでした。
スタッフさん、キャストさん、ありがとうございました!
お陰さまで、いち視聴者として幸せな時間を過ごす事ができました。


2009-06-25 02:56  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。