SSブログ

感想@アニメ「リストランテ・パラディーゾ」第10話:秘めたる恋*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「リストランテ・パラディーゾ(リスパラ)」の感想です。
今回は第10話「秘めたる恋」の感想です。
ネタバレを含みます。
原作の漫画は未読です。

前回の第9話「リストランテの休日」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-11

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-6


────

今日はルチアーノ回……でしたが、
クラウディオの過去も描かれました。
事実が淡々と描かれただけなので、
クラウディオが元奥さんを今どう思っているのかは
具体的に出てきませんでしたが、
次回予告からすると、もしかしたらこれは
来週の最終回で見られるのでしょうか。



さて、店の常連客ザヴィーニャに
熱心にモーションを掛けられているルチアーノ。
話の最後で、実はザヴィーニャは既婚者で、
不倫であるのを隠してルチアーノに迫っていたと判明します。
そんな自分の境遇がルチアーノにバレてないと思ったらしいザヴィーニャは
「もし自分が未亡人だったら……」という
あり得ない仮定の話を口にしましたが、
仮にザヴィーニャがそうだったとしても
彼女の望むような展開には絶対にならなかったと思います。
ルチアーノの奥さんへの気持ちは動かなかったでしょう。

ルチアーノに惹かれているザヴィーニャの気持ちも、
勿論、嘘ではないのでしょうが、
旦那さんの事を何とかしていない事から推測すると、
彼女は「これは不倫」と割り切って恋愛をしようとしたと思えます。
だからこそ、いつもはっきりと返事をしない
(「あなたと付き合う気はない」と言って断わらない)ルチアーノのお陰で、
ザヴィーニャはいつも自分に都合の良い夢に浸れますよね。
今回にしても、上記の例え話の通り、
もし自分が未亡人だったら
ルチアーノと上手くいっていたかもしれないという勝手な思い込みを
ザヴィーニャはずっと信じる事ができます。
これはきっと、ザヴィーニャにとって幸せな事なんでしょう。
もしザヴィーニャが
旦那を捨てて本気でルチアーノに走る気概を見せてきたなら、
彼も観念して、真実を伝えたと思います。



ルチアーノから貰った演奏会のチケットを潜ませて、
好きなクラウディオを誘おうとしたニコレッタが、かわいかったです。
ニコレッタの事だから、
きっと実際にクラウディオに声を掛ける前に頭の中で予想してみたり、
誰もいないところで実演してみたりしたと思うんです。
なのに、言えない……。
でも、絶対に断わられない
(自分への義理のせいで迷惑を掛けてしまう)と分かっているからこそ
その相手を誘えないというニコレッタの気持ちも、よく分かります。
好きだからこそ、自分の為に気を遣わせたくないですものね。



結局、ニコレッタの恋心は、曖昧なままで終わるのかな。
初回から描かれていた事なので、告白するまではいかなくとも、
何らかの進展(ニコレッタ自身が、これが恋だとはっきりと自覚するとか)が
欲しいなぁと思っています。



────

感想は以上です。


第11話(最終回)「リストランテの人々」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-25


2009-06-18 02:53  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。