SSブログ

感想@アニメ「戦国BASARA」第8話 血風大伽藍! 小十郎絶体絶命*ネタバレあり [戦国BASARA アニメ感想]

アニメ「戦国BASARA」の感想です。
今回は第8話の「血風大伽藍! 小十郎絶体絶命」です。
感想にはネタバレを含みます。
私はゲームを遊んでいて、作品のファンでもあります。


前回の第7話「略奪の梟雄! 双竜月下の真剣勝負」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-16-1

各話の感想は、ドラマCDの感想と共に一覧でまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-04-3


────

片倉小十郎のタイトル回でした。
伊達軍と武田軍は優遇されているなぁ……と、
豊臣ファンの私は、ついつい羨ましく思ってしまいます。
まぁ、この作品はシリーズを通して
政宗と幸村がダブル主人公の扱いをされているので
当然と言えば当然なのですが。



アバンは、香炉+三好三人衆の登場でした!
この組み合わせは、ゲーム「英雄外伝」の通りですが、
香炉の効果が違っていたのが残念でした。
是非、不死の兵を気持ち悪く描いてほしかったです。
(ピンクの色の煙が出るのは不死香炉で、敵が死ななくなり、
雑魚敵相手によるコンボが楽に稼げるようになる)

伊達軍の雑兵に対して
ひろし……もとい松永久秀がだらだらと喋ってましたが、
ああいう台詞は、小十郎相手の方が良かったのではないでしょうか。
尤も、ストーリー上は雑兵が相手でも、実際には
テレビを見ている視聴者に向かって語られた説明となっていました。



アニメでもゲームでも松永の舌がよく回るのは同じですが、
ゲームで遊んでいると感じる彼、の底の見えない暗さは
アニメでは描かれてなかったような気がします。
なんかチンケな中ボスっぽかったなぁ……残念です。
だって、全然怖くないんですもん。
ゲームの松永も、能力的に特別強いわけではないのですが、
遊びながら彼の台詞を聞いていると、
ただ性格が悪いだけでは済まない、非情な外道っぷりが
ちらほらと伺えるんです。
それが、今回のアニメではちゃんと描かれてないように思えました。
もしかすると、“一番恐ろしい敵=信長”という図式を強める為に、
敢えて松永を弱体化したのかもしれません。

そもそも、キャラクターに言動の重みや威厳、品を出させるには、
あまり喋らせない&喋らせる時は口調をゆっくりにさせるのが一番なんですが
そういう意味では、松永は難しいですよね。
放っておくと、勝手に喋る喋る。しかもベラベラと。
でも、ゲームでの松永には
声優の藤原さん効果が上手い具合に効いているので、
喋りキャラ特有の安っぽさは全然感じないんです。
アニメの松永は……安っぽいとまでは言いませんが、
ゲームの彼に比べると、やはりちょっと軽いように感じられました。
私は怖い松永が好きなので、残念でなりません。



それにしても、このアニメでの小十郎は、終始、格好良いですね。
今回も、最初から最後までステキでした。
だから余計に、松永の死に様にも惜しいなぁと思えました。
松永が爆死するのは当然なんですが
岩に身体がめり込むほど強く激突する演出って、どうなんでしょうか。
松永はせっかくの中ボスキャラなので
もっと格好良い&華々しい散り様を与えてほしかったです。
そもそも、大仏殿跡という設定だからか、
屋外なのが残念でした。
あのシーンは、燃えさかる屋内でやって欲しかったです。
とはいえ、これは
今後、対信長戦で本能寺が絶対に出てくるはずなので、
建物が炎に包まれるという点でシチュエーションがかぶるのを
スタッフさんが避けたのかもしれません。
そういう意味では、敵として、信長と松永は似てますよね。



武田の鎧を持ってこない(持ってこられなかった)小十郎を
松永がからかいながら責めている最中に、
幸村が「待て待て」と元気良く割って入るシーンは、
予想してましたが良かったです。
お約束な展開が、見ていて楽しかったです。

その前後で流れた、
屋敷にいない幸村の代わりに
お館様が、政宗と幸村の対戦の約束を結ぶくだりのシーンも
とても良かったです。
以前の感想でも書きましたが、
このアニメでは、大人のキャラクターであるお館様が優遇されていて
とても嬉しいです。
政宗は、深手を負っている設定だからか、
それとも、愛用の武器である六爪が無いのも理由としてあるのか、
まるで爪を折られた竜のように大人しかったですね。
前回、小十郎と幸村が穏やかに会話を交わしたように、
政宗とお館様が静かに話していたのも、非常に印象的でした。
良いシーンでした。
その後の、対松永戦を生かす良い緩急になったと思います。



あああああ!
最後に若本織田が再登場しました!
しかも「(そう)であるか」付き! 嬉しい!
私は、アニメ「ハヤテのごとく!!」の後にこの番組を見ているので、
(こちらでは、若本さんがあの口調で変なナレーションを担当されてます)
そのギャップについ笑ってしまいますが、
やっぱり良いですねー! 若本さんの織田信長は!
The★悪役という感じで最高です。素敵、素敵。
夜中なのに興奮してしまいました。
眠気が瞬時に飛ぶほど、テンションが一気に上がりました。

そして、今週は次回予告で再び驚かされました。
タイトル通りなら……お館様はお亡くなりになっちゃうらしいです。
彼がここまで優遇されてきたのは、このせいなのかな。
けんしんさまも、かすがに庇われていて危ない事になっているようで
ちょっと心配です。



そろそろ、前田夫婦も再登場してくれないかなぁ。
慶次君の再登場は
毛利+長曾我部の西国コンビの初登場時と一緒になるはずなので、
のんびりと構えて待っていられますが、
前田利家とまつの二人は、このまま消えそうで怖いです。
“百獣の王”なまつ姉ちゃんの活躍を、また見たいです!






第9話「甲斐の虎、御勅使川に死す!」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-30-2

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2009-05-23 03:15  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。