SSブログ

感想@アニメ「クロスゲーム」第1話 四つ葉のクローバー*ネタバレあり [アニメ感想]

あだち充先生原作のアニメ作品「クロスゲーム」の感想です。
初回である今回は、第1話「四つ葉のクローバー」です。
ネタバレを含みます。

高校野球好き+あだち先生の漫画が好き……という私にとって、
こちらは今期の大本命のアニメです。
原作は、後でまとめて読もうとしていたところに
アニメ化決定を知ったので、未読のままですが、
単行本1巻最後の出来事については知っています。
……というか、連載当初にそれを知って
「あぁ、今回も好きな話だな」と思い、興味を持った次第です。

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-01-6



────

若葉ちゃんを見るのが、とても辛かったです。

コウが無邪気でいられたのは、この時期までですよね……。
若葉の死は、この物語のプロローグでしかないのですが
あまりにも重いです。
この先、コウや青葉達は
この頃を何度も何度も思い返すんだろうなと思っただけで
涙が出てきます。
感傷的になって見ても良い事は一つもないので、
楽しそうに遊ぶ(しかもラブラブな)二人を
しっかりと見なければいけないのですが
なんか駄目でした……。

第一部(第一巻)が終わるまで、あと数話、
この状態がずっと続くのかと思って覚悟していたのですが
なんと、今回で第一部・若葉の季節が終わってしまいました。
展開が早かったなぁ。
でも、この話のメインヒロインは三女の青葉なので、
皆の思い出となる若葉の話を早々に済ませたのは
良かったのかもしれません。
個人的には、若葉の存在(生きていた事も、その死も)は
コウにとっても青葉にとっても大き過ぎるので、
彼女のエピソードを早く終えてしまった事で
それが軽んじられなければ良いなぁと思います。
こういう死者ネタって、登場人物の言動よりも、
そのキャラクターに対する視聴者の思い入れに左右される事が多いので。
実際、今日の私の涙にしても
アニメに対する純粋なものではないです。
アニメを見ながら、原作の関連シーンを脳内で浮かべて
泣いてしまう感じ……?
つまり、原作を読んでいなければ
若葉の死に驚く事はあったとしても
ここまで泣く事はなかったと思います。



同じ誕生日であることから
誕生日プレゼントを交換する二人。
大人の結婚式を見て、将来について話して……
とうとう出ました“誕生日プレゼントの予定表”!!!
この辺は、耐えられなくて号泣してしまいました。
夏祭りの約束もちゃんとしてたなぁ。
漫画以上に、若葉の死にフラグが立ちまくってて
本当に本当に見ていて辛かったです。
キャンプ場の川のアップの絵なんか、要らないです。



若葉の死にいまいちピンと来なかったコウが
彼女の遺影を見るシーンも、涙、涙……でした。
あの背伸びがたまらん。
そして、若葉が生きていた時と同じ行動を取るコウ。
約束を違えず、独りでも夏祭りに行く事が
誕生日プレゼントの予定を叶えていくことにも繋がるので、
見ていて辛かったです。
せつない……。
朝から泣かせないでと、何度も思いました。



さて、次回から中学生、そして高校生になるわけですが
私は、この先の原作をほとんど読んでいません、
これからも、敢えて読まずにアニメで楽しもうと思っています。
(原作は第二部で止まってましたが、また再開しましたよね)
もうどうしても我慢できなくなったら、単行本を買いに行きます。

コウを好きなくせに、若葉に遠慮して
素直になれない青葉の言動が楽しみです。
勿論、野球も!
「タッチ」や「H2」より陰湿な世界をきちんと描いているようなので
この辺が面白さとして出ていれば良いなぁと期待しています。

遅く起きた日曜日の朝に
昼食を兼ねた朝食を突つきながら見るアニメとしても
良いと思います。
前の「H2」のアニメが酷かったので
今回は良作になるといいなぁ。






────
感想は以上です。
お読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの第2話「大っ嫌い!」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-04-14

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-04-05 10:43  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。