SSブログ

第81回選抜高校野球大会:第2日の結果と感想 [高校野球]

第81回選抜高校野球大会 第2日目(3/23)の試合
高崎商(群馬)対 報徳学園(兵庫)
清峰(長崎)対 日本文理(新潟)
福知山成美(京都)対 国士舘(東京)




────

第1試合
高崎商(群馬)対 報徳学園(兵庫)
0-2で報徳学園の勝利

実は、監督さんのファンです。
本当は怖いんでしょうが
この人の勝利インタビューは聞いていて気持ちがいいです。
聞きたい答えを的確に答えて下さるので。
きっと、アナウンサーも質問しやすいはず。

高崎商業は、とにかく打てなかったのが勿体なかったです。

報徳学園は、応援曲が旬のを取り入れていたのが凄いです。
矢島美容室の「ニホンノミカタ」が聞こえてきた時には、
「うわ、早ッ!」と本気で驚きました。
こういう流行歌は、どの学校も定番化してるのが多いので、
顧問教師や生徒が積極的に取り入れないと
新しめのヒット曲が採用される事は本当に少ないです。



────

第2試合
清峰(長崎)対 日本文理(新潟)
4-0で清峰の勝利

清峰は、初めて甲子園に出た時に××旋風と呼ばれていて、
それ以来のファンです。
なので、以前、自県代表がこの学校と当たった時は参りました。
(さすがにその時は、自県の学校を応援しました)

この学校でも、私は監督さんが好きです。
勝利インタビューでは、謙遜しつつも
相手校をきちんと立てる辺り、そつがなくて
事前に何を言うかを考えているしたたかさを感じてしまうんですが(笑)
言い方が滑らかなので、インタビューを聞いている最中は
そういういやらしさを感じないです。

好機を逃さずに点を取っていった清峰でしたが、
逆に言えば、勿体ないエラーが失点に繋がった日本文理にしてみれば
勿体ない場面が多かったです。
お見合いしちゃったとか
声を掛け合うだけで伏せぐ事ができたミスもあったのが、残念です。




────

第3試合
福知山成美(京都)対 国士舘(東京)
5-2で福知山成美の勝利

あわや引き分け再試合になるかと思いきや、
国士舘のピッチャーを攻略しつつあった福知山成美の打線が
最後の最後で爆発しました。
その前からも、福知山成美の押せ押せムードが漂ってたので
国士舘が負けてしまうのは時間の問題でした。
ただ、回数制限(15回で決着がつかないと、引き分け再試合になる)問題が
実際、立ちはだかろうとしていたので
国士舘があそこで逃げ切れていれば、
どうなったか分かりませんが……結局、捕まってしまいました。

国士舘の応援は、暴れん坊将軍の前奏部分が派手で
(思いっきり溜めて、観客の拍手や歓声を煽る)
聞き応えがありました。



2009-03-24 02:29  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。